PR NFTゲーム

【初心者OK】ブロックチェーンゲームの始め方【3つの手順で稼ぐ】

ブロックチェーンゲームなら、ゲームを遊んで稼げるらしいな…。ブロックチェーンゲームの始め方を教えて下さい!あと、なんでゲームだけで稼げるんだろう?

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブロックチェーンゲームとは?【3つの特徴】
  • ブロックチェーンゲームの始め方【3つの手順】
  • ブロックチェーンゲームで稼ぐ具体的な方法
  • ブロックチェーンゲームについてよくある質問

この記事を書いている僕は、普段からブロックチェーンゲームを触っています。
3年ほど前から仮想通貨を触っており、今ではブログの収益をすべて仮想通貨に使っています。

こういった背景の僕が、今回は「ブロックチェーンゲームの始め方」というテーマで初心者向けに解説していきます。

今回の記事ではブロックチェーンゲームについて徹底解説したので、初心者でも簡単に始められるはずですよ。では、前置きはこれくらいにして、さっそく解説していきます。

ブロックチェーンゲームとは?【3つの特徴】

ブロックチェーンゲームとは?【3つの特徴】

NFTや仮想通貨に使われている「ブロックチェーン」という技術を活用したゲームが、ブロックチェーンゲームです。ブロックチェーンゲームの特徴は、次の3つ。

  • 特徴①:データを「分散管理」できる
  • 特徴②:ゲームを遊びながら稼げる
  • 特徴③:チート・ハックができない

特徴①:データを「分散管理」できる

ブロックチェーンは、「分散管理」ができます。
普通のゲームは中央集権的で管理者がいますが、ブロックチェーンゲームには管理者がいません。

なので、ゲーム内で獲得したアイテムを「ウォレット」に保存することができ、ゲームサービスが終了してもアイテムは保存されます。

また、他のゲームにアイテムを使い回すこともできます。例えば、「ゲームA」でGETしたスキンを「ゲームB」でも使う、といった感じ。

とはいっても、プレイの仕方は普通のゲームと同じ。スマホなどでインストールして、戦闘や育成をして遊べますよ。

特徴②:ゲームを遊びながら稼げる

ブロックチェーンゲームなら、遊びながら稼げます。

もしゲーム内でレアな「NFTアイテム」を獲得すれば、それを売って稼げますよ。NFTアイテムはOpenseaで売買されており、1つのアイテムが10万円で売却されることもあります。

また、ブロックチェーンゲームのゲーム内通貨は「仮想通貨」になっており、その仮想通貨を日本円に換金して稼ぐこともできますよ。

基本的に、ブロックチェーンゲームは初期費用が高いほど、稼げる金額も高くなります。なので、ゲーム内で稼いだお金でさらに強いアイテムを買えば、さらに高い利益を稼げますよ。

特徴③:チートやハックができない

ブロックチェーンゲームは「チート・ハック」ができません。
もし真面目にプレイしているときにチートされると、ゲームがつまらなくなりますよね。

しかしブロックチェーンゲームは「データの改ざん」ができないので、チートもできません。ブロックチェーンゲームのデータを変えるには「世界のプレイヤーの同意」が必要で、勝手に書き換えられないからですね。

もしデータが書き換えられても、ゲームのプレイヤーがチーターを指摘すれば、解決することができますよ。

ブロックチェーンゲームの始め方【3つの手順】

ブロックチェーンゲームの始め方【3つの手順】

ブロックチェーンゲームは、次の3ステップではじめられます。

  • 手順①:仮想通貨の取引所で口座開設する
  • 手順②:ブロックチェーンゲームを選ぶ
  • 手順③:ゲームの初期費用を払う

手順①:仮想通貨の取引所で口座開設する

まずは仮想通貨の取引所で口座開設しましょう。
理由は、「ゲーム内の仮想通貨を換金するとき」「初期費用を払うとき」に使うから。

仮想通貨の取引所は、国内取引所であればどこでもOKです。
初心者であれば、Coincheckがオススメ。

Coincheckなら初心者でも使いやすくて、無料で始められますよ。口座開設する方法については、【完全初心者向け】Coincheckで口座開設する3つの手順【コインチェック】をどうぞ。

手順②:ブロックチェーンゲームを選ぶ

次に、ブロックチェーンゲームを選びましょう。
ゲームによって始め方が違うからですね。

例えば、Axie Infinityなら「Roninウォレット作成→ETHをMetaMaskに送金→3体Axieを購入する」といった手順ですね。

初期費用も、無料のゲームもあれば10万円ほどかかるゲームがあります。
なお、おすすめのブロックチェーンゲームは下記のとおり。

どれも人気のゲームなので、稼ぎやすいですよ。

手順③:ゲームの初期費用を払う

あとは、初期費用を払ってプレイを開始できます。

おすすめのブロックチェーンゲームを紹介します

  • 1位:Axie Infinity(ポケモン風)→初期費用1万円〜3万円
  • 2位:STEPN(歩いて稼ぐ)→1万円〜8万円
  • 3位:Splinterlands(カードゲーム)→1,000円〜
  • 4位:My Crypto Heroes(RPGゲーム)→500円〜
  • 5位:DarleyGo(競馬ゲーム)→5,000円〜

こんな感じです。上記の3つは、ユーザー数も多くて稼ぎやすいNFTゲームですよ。

リリース予定のブロックチェーンゲームも狙い目です。

ブロックチェーンゲームは仮想通貨の投資と同じで、流行る前に始めた人が稼げます。
なので、リリース予定のブロックチェーンを先に始めることで、先行者利益を稼げるかもしれません。

もし一攫千金を狙いたいなら、「リリース予定のブロックチェーンゲーム」を始めましょう。

なお、リリース予定のブロックチェーンゲームについて知りたい方は【ゲームで稼ぐ】リリース予定のNFTゲーム5選【次世代のAxie Infinity】をどうぞ。

ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法

ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法

結論、ブロックチェーンゲームは「Play to Earn(プレイして稼ぐ)」という仕組みがあります。

「ゲームをプレイするだけ」で稼げる

ブロックチェーンゲームによって稼ぎ方は違いますが、基本的には次のような稼ぎ方があります。

  • 稼ぎ方①:獲得したNFTアイテムを売買する
  • 稼ぎ方②:ブロックチェーンゲームを遊んで稼ぐ
  • 稼ぎ方③:自作したNFTアイテムを売買する

上記のようにプレイすることで稼げます。

なお、「そんなお金どこから流れてるの?」という疑問があるかもですが、「初期費用」「課金」「手数料」などから流れてきています。

もしレアなアイテムを販売すれば、1個のアイテムで10万円の価値がつくこともありますよ。

ゲームで稼げるようになる仕組み

NFTゲームの仕組み

画像のとおり。
ゲーム内通貨は「仮想通貨」になっており、ゲーム内のアイテムは「NFT」になっています。

NFTのアイテムは所有権が証明されているので、仮想通貨を売買できます。そして、仮想通貨は日本円に換金できるので、「プレイして稼げる」と言われているわけですね。

NFTゲームで報酬がもらえる仕組み

  • 新規ユーザーが初期費用を払う→既存のユーザーに収入が入って、初期費用を回収できる
  • 新規ユーザーが参加しない→既存ユーザーに収益が入らず、初期費用を回収できない

既存のユーザーは、自分が初期費用を払ったあとに「新規ユーザー」がたくさん増えれば得をします。しかし、もし新規ユーザーが増えなければ、自分の初期費用を払えずに損をします。

STEPNの価格

例えば、上記は「STEPNの報酬の価格」です。
この価格は「新規ユーザー数」とある程度は比例しています。

なので、もし5月に始めてしまっていたら、新規ユーザーが増えなくて損してしまうわけですね。例えるなら、「毎月20万円くらい稼げるタイミング」で始めたけど、1ヶ月後には「月5万円くらい」になった感じ。

このように、現状「NFTゲームだけで食べていく」というのは超ハードです。なので、「本業をやめてNFTゲームだけで生計を立てる」という試みはやめましょう。リスクが大きすぎて、わりに合いませんよ。

ブロックチェーンゲームは詐欺なのか

結論から書くと、ブロックチェーンゲームは詐欺ではありませんが「ポンジスキーム」です。
ポンジスキームとは、下記のような感じ。

「この商品に投資すれば、月間10%の利回りが出ますよ。あなたが100万円を出せば、月10万円の不労働所得が発生します。」

上記はポンジスキームの詐欺になります。
ブロックチェーンゲームは詐欺ではありませんが、構造は「ポンジスキーム」に似ています。

ブロックチェーンゲームはポンジスキームなの?

  • ゲームが人気になる→価格が上がる→利回りをGET
  • ゲームが不人気になる→価格が下がる→初期費用を回収できず、失敗

ざっくりこんな感じ。
上記はブロックチェーンゲームの構造であり、ポンジスキームに似ています。

なので、1つの課題として「ブロックチェーンゲームのポンジスキーム化」を改善しないといけません。未来のブロックチェーンゲームは、ポンジスキームと違った形になるかもです。

ブロックチェーンゲームについてよくある質問

ブロックチェーンゲームについてよくある質問

それでは、ブロックチェーンゲームについてよくある質問について答えます。

質問①:未成年でもプレイできるの?

ほとんどのブロックチェーンゲームは未成年でもプレイできます。

しかし、ゲームでGETした仮想通貨を日本円に換金するには「国内取引所」での口座開設をしないといけません。その口座開設は、18歳以上からじゃないといけません。

もし未成年がブロックチェーンゲームをプレイしたいなら、少しグレーな方法ですが「親の外注先として、自分がプレイする」といった形にしましょう。親の許可は必須ですよ。

質問②:NFTゲーム、GameFiとの違いは?

NFTゲーム、GameFi、ブロックチェーンゲームの違いは次のとおり。

  • NFTゲーム:ゲーム内アイテムがNFTになっているゲーム
  • GameFi:ゲームに「Finance(金融)」の要素があるゲーム
  • ブロックチェーンゲーム:NFTゲーム・GameFiなどのの総称

上記のとおり。
現在では、「NFTゲーム」という呼び方が一般的になっています。いちばんシンプルでわかりやすいからですね。

質問③:どれくらいの金額が稼げる?

ブロックチェーンゲームは、プロゲーマーじゃなくても「月収5万円」くらいは目指せますよ。

具体的には【朗報】NFTゲームはいくら稼げる?【結論:月収5万円は目指せる】で解説しているので、ぜひ。

というわけで、今回はブロックチェーンゲームについて徹底解説しました。
もしブロックチェーンゲームを始めようか迷っているなら、すぐに行動しましょう。

あなたが行動しようか迷っている間に、ゲームで稼いでいる人はたくさんいます。
最後に「次につながる行動」をまとめますので、迷っているなら行動しましょう。

次につながる行動

※無料ニュースレターを発信中:僕は持病を抱えつつも、13歳でブログで月収5万円を達成しました。その状況で得た「健康×ビジネス」の知識をニュースレターで共有していきます。無料登録はこちら。いつでも解約できます。

-NFTゲーム