NFT ブログ

【徹底解説】NFTブログの始め方【月5万円を稼ぐ3つのコツ】

最近はNFTブログが稼げるらしいけど、どうやって始めればいいんだろう、、、NFTブログのコツも知りたいな!

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • NFTブログが稼ぐのに最強な理由
  • NFTブログの始め方【NFT編】
  • NFTブログの始め方【ブログ編】
  • NFTブログで月5万円を稼ぐコツ

この記事を書いている僕は、仮想通貨を3年ほど前から触っています。現在はNFTブログで情報発信しており、14歳のときに月収5桁を達成しています。

いま日本では、NFTが流行っていますよね。NFTはまだまだ新規顧客が多いので、ブログで収益化しやすい業界です。しかし、初心者がNFTブログを始めるのはハードルが高いかもしれません。

そこで今回は、「NFTブログを始める方法」について徹底解説していきます。この記事を読めば、「NFTブログで、ゼロから月5万円を稼ぐ方法」がわかりますよ。

NFTブログが稼ぐのに最強な理由

NFTブログが稼ぐのに最強な理由

まず、NFTブログが稼ぐのに最強な理由について、次の3つを解説します。

  • 理由①:ブームが来ている
  • 理由②:まだ競合が少ない
  • 理由③:案件の単価が高い

理由①:ブームが来ている

NFTや仮想通貨などのジャンルは、日本で大ブームが来ています。「NFT」というワードが流行語大賞にノミネートしたこともありましたね。

実際に、よく「NFTブログ歴2ヶ月で収益10万円を達成した!」といったツイートを見かけます。ふつう、ブログで収益10万円なんて1年以上はかかりますよ。

もしかしたら、「今から始めても遅いんじゃない?」と思うかもしれません。しかし、NFTブログはまだチャンスにあふれています。Twitterを見ていると、いまでも稼いでいる人はたくさんいます。

まだNFTに興味をもつ新規顧客はいるので、「すぐにオワコン化する」といったことはありません。とはいえ、いつ衰退するかわからないので、迷っているならすぐ始めるべきですよ。

理由②:まだ競合が少ない

次に、NFTブログには競合が少ないです。競合が少ないと、SEOでトップを狙うことができて、アクセス数も増えやすいです。

例えば、NFTと同じブロックチェーン技術を使っている「Pancake Swap」は定番のサービスですが、「Pancake Swap 使い方」というキーワードのボリュームは次のとおり。

Pancake Swap

このように、「人気のサービスなのに競合が少ない」ということは、アクセス数を稼ぎやすいことがわかります。おそらく、「少しずらしたキーワード」を狙ってサクッと記事を書くだけで、上位に表示されるはず。

理由③:案件の単価が高い

NFTブログが稼ぎやすい理由は、アフィリエイトの「単価」にあります。NFT系のアフィリエイト広告は高単価なので、月5万円を目指しやすいですよ。

NFTブログで月5万円以上稼いでいるひとの平均単価は、おそらく「8,000円」くらいだと思います。(※詳細を書くとASPの規約違反になるので、広告名は伏せておきます)

このように、高単価であるほど収益化しやすいのでNFTブログはチャンスだと言えますね。とはいえ、競合が増えると単価が減るかもしれないので、迷っているなら始めるのがオススメ。

NFTブログの始め方【NFT編】

NFTブログの始め方【NFT編】

NFTブログを始めるために、まずは「NFT」の売買ができるようになりましょう。
NFTを始める手順は次の3つです。

  • 手順①:Coincheckで口座開設する
  • 手順②:MetaMaskでウォレットを作る
  • 手順③:OpenseaでNFTを売買する

手順①:Coincheckで口座開設する

まずは、NFTを始めるために仮想通貨の取引をしましょう。

オススメの取引所は「Coincheck」です。正直、日本の取引所であれば何でもOKですが、初心者ならCoincheckを選んでおけば間違いなしです。

Coincheckは無料で始められるので、10分くらいでサクッと口座開設しましょう。

【完全初心者向け】Coincheckで口座開設する3つの手順【コインチェック】

手順②:MetaMaskでウォレットを作る

MetaMaskとは、仮想通貨やNFTを入れるための財布です。
ウォレット(財布)を作れば、Coincheckで買った通貨を自由に使うことができます。

ウォレットはMetaMask一択です。
具体的なウォレットの作成方法は、【完全解説】MetaMask(メタマスク)の使い方を解説【登録・入金・送金の方法】で解説しています。

Coincheck→MetaMaskにイーサリアムを送金する

ちょっとややこしいですが、Coincheckでイーサリアムを購入して、MetaMaskに送金します。
NFTを売買するためには、イーサリアム(ETH)という仮想通貨を使います 。

まずは、テスト感覚で1,000円ほど入金しましょう。

手順③:OpenseaでNFTを売買する

Openseaは、NFTアートを売買できるサイトです。

MetaMaskでウォレットを作成していれば、「メアド・パスワード登録」などは不要です。
サイトを開いて「接続」をクリックすれば10秒で始められますよ。

NFTブログの始め方【ブログ編】

NFTブログの始め方【ブログ編】

NFTを始めたら、次はブログを開設しましょう。
NFTブログを始める手順は次の3つです。

  • 手順①:ConoHa WINGでブログを始める
  • 手順②:WordPressテーマを導入する
  • 手順③:ブログ収益化ツールを導入する

手順①:ConoHa WINGでブログを始める

まずはWordPressブログを開設しましょう。

WordPressとは、簡単にブログサイトを作成できるソフトウェアです。そのWordPressを始めるために、ConoHa WINGでサーバーとドメインを借りましょう。費用は1ヶ月で1,000円ほど。

もしかしたら「お金がいるなら、無料ブログがいい!」と思うかもしれません。しかし、noteやはてなブログでは「広告」を貼れないので、NFTブログをするならConoHa WINGの一択です。

手順②:WordPressテーマを導入する

ConoHa WINGでブログを始めたら、WordPressテーマでデザインを設定します。

はこぶブログ

このように、WEBデザインの技術がなくても3日もすればサクッとデザインを整えられますよ。

どのWordPressテーマを使うのが良い?

結論、自分が好きなテーマを選べばOK。

とはいえ、「好きなテーマなんてない!」という人がほとんどですよね。そんな方は、定番のAFFINGER6を使いましょう。値段は14,800円ほど。

もしかしたら「無料テーマじゃダメなの?」と思うかもですが、NFTブログをするならAFFINGER6一択ですよ。無料テーマだったら、プログラミング学習の期間が3ヶ月ほど必要になりますからね。

手順③:ブログ収益化ツールを導入する

NFTブログで収益化するためには、フリー素材サイトや分析ツールが必須になります。
とりあえず、最初は次の5つを導入すればOK。

この5つのツールは、収益化するブロガーなら99%使用しています。超定番のツールなので、サクッと導入しましょう。

NFTブログで月5万円を稼ぐコツ

NFTブログで月5万円を稼ぐコツ

NFTブログで月5万円を稼ぐには、次の3つのコツを知っておきましょう。

  • コツ①:発信の3つの軸を明確にする
  • コツ②:「読者の悩み」を明確にする
  • コツ③:競合の少ないキーワードを狙う

コツ①:発信の3つの軸を明確にする

まずは「発信の3つの軸」を明確にしましょう。
NFTブログで収益が増えない人は、「ポジショニング」が足りていません。

  • 「NFT」を軸に発信する
  • 「NFT×中学生×ブログ」を軸に発信する(←僕です)

この2つだと、後者のほうが有利。
多分ですが、競合を数字にすると次のようになります。

  • 仮想通貨:日本に100,000人
  • 仮想通貨×中学生×ブログ:日本に100人

「発信の軸を決めれない!」というかたは、「3年間、継続したこと」を軸にしましょう。

こういった「ポジショニング」をすることで、同じ「NFTブログ」でも競合を減らすことができますよ。

コツ②:「読者の悩み」を明確にする

ブロガーにとって「読者の悩み」を明確にすることは、ブログ記事の質の8割を決めますよ。

例えばこの記事は、次のようなテンプレで、「読者の悩み」をもとに「記事構成」を作成しています。

読者の悩みを明確にする

  • 何:NFTブログの始め方を知りたい
  • なぜ:NFTブログが稼げるらしいから
  • さらに:NFTブログで稼ぐコツが知りたい

読者の悩みから、構成をつくる

  • なぜ:NFTブログが稼ぐのに最強な理由
  • 何:NFTブログの始め方【NFT編】
  • 何:NFTブログの始め方【ブログ編】
  • さらに:NFTブログで月5万円を稼ぐコツ

この2ステップで、「SEOと読者にとって最良の記事」の構成を作成できます。ほとんどの稼げていないブログは、このステップが不十分です。

ブログ初心者であれば、上記のテンプレをコピーして記事を書いてもOKです。記事執筆するなかで、いちばん重要なステップですからね。

コツ③:競合の少ないキーワードを狙う

ブログ初心者は、「どんな記事を書くか」でミスりやすい。結論として、狙うべきなのは「ロングテールキーワード」です。

ロングテールキーワードとは「細かいキーワード」のこと。次のような図解がわかりやすいかもですね。

ロングテールキーワード

「ビッグキーワード」はアクセスが集まりやすいかわりに、競合が多いので初心者には厳しい。しかし、「ロングテールキーワード」ならアフィリエイト広告の成約率も高くて、競合も少ないので稼ぎやすいです。

ロングテールキーワードを狙って稼ぐ方法【記事ネタ公開】

ロングテールキーワードを探すときは、「ラッコキーワード」というツールを使いましょう。試しに、「NFT」でキーワード検索してみると、下記のようになります。

NFT

上記のキーワードの中では、「NFT 始め方」よりも「NFT 始め方 スマホ」のほうが競合が少ないです。実際の競合の多さは、Google検索して「約〇〇件」のところで判断しましょう。

NFT 始め方:約4,500,000件
NFT 始め方 スマホ:約773,000件

また、検索キーワードの上位10件をチェックしましょう。クオリティを見て、勝てそうな気がしたら記事を書きましょう。

行動しないひとは、成果を出せない

最後にひとつ。この記事を読んでも、9割のひとがページを閉じて終わりです。それだと何も変わりません。

行動できるだけでもトップ1%に入れるので、とりあえず手を出してみましょう。初期費用は3万円以下。あとで回収できますよ。迷っているなら行動です。

次につながる行動

-NFT, ブログ