ブログ

【結論】Shutterstockが最強のフリー素材サイト【画像10枚と4,000円を無料でGET!】

2022年4月25日

有名ブロガーがShutterstockを愛用していたけど、料金はいくらなんだろう…。無料トライアルしたらフリー素材を無料でダウンロードできるかな?

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • Shutterstockの特徴【最強のフリー素材サイト】
  • Shutterstockの使い方【画像10枚・4,000円が無料】
  • Shutterstockの注意点【損しない3つの使い方】

この記事を書いている僕は、小学6年生からブログ運営をして、1年半ほどで月収5桁を達成しました。ここまでブログを書いてこれたのも、「フリー素材サイト」のおかげです。

しかし、ブログ初心者は「どんなフリー素材サイトを使うべきか」というポイントで悩みますよね。そんな方には、有名ブロガーが愛用するShutterstock」がオススメですよ。

そこでこの記事では、「Shutterstockの注意点から登録方法まで」をわかりやすく解説します。この記事を読めば、「Shutterstockのフリー素材を使うべきか」がわかりますよ。

Shutterstockは、無料トライアルで「画像10枚」と「4,000円分のAmazonギフトカード」をGETできるので、ぜひ参考にしてくださいね。

Shutterstockの特徴【最強のフリー素材サイト】

Shutterstockの特徴

ブログでShutterstockの画像をつかうなら、次の3つの特徴を知っておきましょう。

  • ①:世界最大級のフリー素材サイト
  • ②:画像はロイヤリティフリー
  • ③:年間プランは最大40%オフ

この3つを抑えればOKです。
簡単なので、順番に解説していきますね。

特徴①:世界最大級のフリー素材サイト

Shutterstockは世界最大級のフリー素材サイトで、4億点以上の画像・動画・音楽を販売しています。

ブログ運営では定番のサイトで、次の3人の有名ブロガーもShutterstockをオススメしていましたよ。

Shutterstockは海外のサイトですが、日本人素材や日本語検索にも対応しています。

さらに、他のフリー素材サイトと比較しても次のようにShutterstockがズバぬけていますよ。

  • iStock:数百万点以上(50枚16,000円)
  • Shutterstock:4億点以上(50枚12,000円)
  • PIXTA:7,000万点以上(25枚30,000円)

特徴②:画像はロイヤリティフリー

「Shutterstockはブログに使ってもいいの?」という方のために、公式サイトの情報をまとめますね。

引用:Shutterstock公式サイト

つまり、まとめると次のようになります。

  • 画像はすべてロイヤリティーフリー
  • クレジット表記はしなくてもOK
  • 料金を支払えば複数回つかえる

ロイヤリティフリーとは、「一回だけ料金を払えば画像にお金がかからない」という意味です。なので、基本は使用料だけでOKです。

「料金を払って使用許可を買う」というイメージ。クレジット表記は不要なので、ブログでの使用なら問題なしですね。

特徴③:年間プランは最大40%オフ

Shutterstockは料金プランがややこしいです。具体的な料金プランは、次の2種類です。

料金プラン画像10点画像50点画像350枚画像750点
月額プラン¥6,000
(¥600/1点)
¥15,000
(¥300/1点)
¥25,000
(¥71/1点)
¥30,000
(¥40/1点)
年額プラン¥3,500
(¥350/1点)
¥12,000
(¥240/1点)
¥22,000
(¥63/1点)
¥25,000
(¥33/1点)

例えば「月額プランの画像10点」で登録すると、その月にダウンロードできるのは10点までです。さらに、もし5点しかダウンロードしなかったら、画像数の繰越はできません。

年間プランは最大40%オフなので、Shutterstockは年間プランがオススメですよ。
また、プラン選びは次の3つを参考にしてください。

  • 企業のサイト:画像750点がオススメ
  • 週3〜7日更新:画像350点がオススメ
  • 週1〜2日更新:画像50点がオススメ

途中でキャンセルでき、無料トライアルもあるので年間プランがおすすめです。

無料トライアルとは?

Shutterstockは「年間プランの画像10点」なら1ヶ月無料で利用できます。また、特別キャンペーンで「Amazonギフトカード4,000円分」もGETできますよ。

さらに、無料期間中でも解約OKです。つまり、1ヶ月で解約すれば「フリー素材を10点」「Amazonギフトカード4,000円分」を無料でGETできます。

料金プランで迷ったら「年間プランの画像10点」を無料で試して、画像数が足りなければプランを変更しましょう。(※解約金はかかりません。)

Shutterstockの使い方【画像10枚・4,000円が無料】

Shutterstockの使い方

Shutterstockは「無料トライアルで画像10点と4,000円GET」→「年間プランの画像〇〇枚にプラン変更」がもっともお得な登録方法です。

それでは、次の3つを順番に解説します。

  • ①:無料トライアルで登録する
  • ②:画像を無料ダウンロードする
  • ③:無料トライアルを解約する

使い方①:無料トライアルで登録する

まず、「年間プランの画像10点」でShutterstockに無料トライアルしましょう。(※無料期間中解約OK)

1.Shutterstockの公式サイトを開きます。

公式サイト:Shutterstock

2.右上の「料金設定→画像」をクリックします。

2.右上の「料金設定→画像」をクリックします。

3.画面の真ん中にある「無料トライアルを開始」をクリックします。

3.画面の真ん中にある「無料トライアルを開始」をクリックします。

4.Shutterstockにログインします。Googleが簡単でオススメですよ。

5.「請求先住所」と「支払い方法」を入力します。このときは料金は発生しません。

6.注文内容が0円になっていたら「購入を完了」をクリックしましょう

これでShutterstockに無料トライアルできました。
画像を10点無料ダウンロードできます。

重要:自動更新をオフにする

無料トライアルでも、1ヶ月をすぎると料金が自動で支払われるかもしれません。
なので、自動の支払いをオフにしましょう。

1.Shutterstockのトップページから右上にある「アカウント」をクリックします。

公式サイト:Shutterstock

2.「アカウント詳細」→「プラン」→「自動更新をオフにする」の順番にクリックします。

これで、料金が発生する心配はありません。

使い方②:画像を無料ダウンロードする

さっそく、画像を無料でダウンロードしましょう。なお、画像は1ヶ月以内にダウンロードしないと、繰越はできません。

1.Shutterstockのトップページから検索しましょう。日本語OKです。

2.画像を選び、「ダウンロード」をクリックしてください。

3.「大」→「標準ライセンス」→「ダウンロード」の順番でクリックしましょう。

使い方③:無料トライアルを解約する

Shutterstockは、無料期間中でもキャンセルできます。
画像が足りなければ、無料トライアルを解約してプラン変更しましょう。

1.Shutterstockのトップページから右上にある「アカウント」をクリックします。

公式サイト:Shutterstock

2.「アカウント詳細」→「プラン」→「プランの中途キャンセル」の順番にクリックします。

3.「キャンセルを確認」をクリックすれば、解約完了です。

無料トライアルを解約したら、プラン変更しよう

「年間プランの画像10枚は足りない!」という方は、料金プランを変更しましょう。料金プランの表をもう一度だけ載せておきますね。

料金プラン画像10点の価格画像50点の価格画像350枚の価格画像750点の価格
月額プラン¥6,000
(¥600/1点)
¥15,000
(¥300/1点)
¥25,000
(¥71/1点)
¥30,000
(¥40/1点)
年額プラン¥3,500
(¥350/1点)
¥12,000
(¥240/1点)
¥22,000
(¥63/1点)
¥25,000
(¥33/1点)

年間プランは最大40%オフなので、Shutterstockは年間プランがオススメですよ。
料金プランの選び方は、次の3つを目安にしてください。

  • 企業のサイト:画像750点
  • 週3〜7日更新:画像350点
  • 週1〜3日更新:画像50点

料金プランを決めたら、Shutterstockのトップページの「料金設定」→「画像」からプランを選択して「今すぐ登録」をクリックしましょう。

2.右上の「料金設定→画像」をクリックします。

支払いオプションは「年間プラン、月払い」でOKです。
なお、登録の手順は「Shutterstockの使い方」を参考にしてください。

Shutterstockの注意点【損しない3つの使い方】

Shutterstockの注意点

Shutterstockはいくつか注意点があるので、3つ書いておきます。

  • ①:自動更新がオンになっている
  • ②:ダウンロード数は繰越できない
  • ③:プランによって解約金がかかる

順番に解説していきますね。

注意点①:自動更新がオンになっている

Shutterstockのデフォルトの設定では、「自動更新」がオンになっています。

要するに、1ヶ月目をすぎたら2ヶ月目の料金が自動で払われるわけです。「知らないうちにお金が使われる」という状態ですね。

自動更新は、以下の手順でオフにできます。

1.Shutterstockのトップページから右上にある「アカウント」をクリックします。

公式:Shutterstock

2.「アカウント詳細」→「プラン」→「自動更新をオフにする」の順番にクリックします。

注意点②:ダウンロード数は繰越できない

Shutterstockは画像のダウンロード数の繰越ができません。

例えば、「年額プランの画像10枚」の1ヶ月目で5枚しかダウンロードしないと、2ヶ月目は15枚ではなく10枚になります。もったいないですね。

なので、1ヶ月のうちに10枚はダウンロードしましょう。

注意点③:プランによって解約金がかかる

年額プランのみ、解約金がかかります。(※無料トライアル中には、解約金はかかりません。)

解約金を計算するときは以下の公式にあてはめてください。

月額プラン−年額プラン✕月数=解約金

もし「年間プランの画像50枚」10ヶ月たって解約するなら、次のようになります。

15,000円−12,000円✕10ヶ月=30,000円

、、、解約金が30,000円なら、年間プランを継続したほうがお得ですね。
10ヶ月をすぎたら、解約しないのがオススメですよ。

プランの料金については、以下の表を参考にしてください。

料金プラン画像10点の価格画像50点の価格画像350枚の価格画像750点の価格
月額プラン¥6,000
(¥600/1点)
¥15,000
(¥300/1点)
¥25,000
(¥71/1点)
¥30,000
(¥40/1点)
年額プラン¥3,500
(¥350/1点)
¥12,000
(¥240/1点)
¥22,000
(¥63/1点)
¥25,000
(¥33/1点)

Shutterstockでブログの質をあげよう

Shutterstockでブログの質をあげよう

というわけで、今回は以上です。
Shutterstockについて伝わったなら幸いです。

大半のブロガーは「文章だけで差別化」が難しいですよね。
なので、Shutterstockの画像を使ってブログを差別化しましょう。

なお、「有料画像って高いんだな…」と思うかもですが、「まずは1ヶ月くらい試そうかな」くらいの気持ちでOKですよ。

とりあえず「年額プランの画像10枚」なら1ヶ月だけ無料トライアルできますからね。それに、Amazonギフトカード4,000円分もGETできます。(※無料期間中の解約OK)

「Shutterstockに無料トライアルしたい!」という方は、以下の章を参考にしてください。

Shutterstockに無料トライアルする3ステップ

オススメのフリー素材サイト3選

  • Scale:無料のイラストサイト。ただし、素材数はかなり少なめ。
  • Unsplash:プロフォトグラファーのエモい画像がそろってる。
  • Shutterstock:最強。有料ですが、本気で稼ぎたい方向け。

-ブログ