NFTゲーム

【超初心者向け】NFTゲームってどうやって稼ぐの?【儲かる仕組み】

NFTゲームで儲かる仕組みがよくわからない、、、NFTゲームって、どうやって稼ぐんだろう?僕でも、NFTゲームで稼げるかな?

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • NFTゲームってどうやって稼ぐの?【儲かる仕組み】
  • NFTゲームで稼ぐ3つの方法【これだけで、稼げる】
  • NFTゲームの仕組みを理解したあとにするべきこと

現在の僕はNFTゲームについて情報発信しつつ、14歳で月収5桁を達成しました。収益はすべてNFTや仮想通貨の投資に回しています。

先日に、下記のツイートをしました。

NFTゲームは「本業」にはできないかもですが、「副業」「投資」としてなら始める価値があると思う。
僕はNFTゲームの分野は伸びていくと確信しているので、普段からNFTゲームに触れています。
僕のような中学生でも始められるので、ぜひ。

今回は、上記のようなテーマについて解説していきます。
NFTゲームは素晴らしい仕組みなので、初心者向けに解説しますね。

NFTゲームってどうやって稼ぐの?【儲かる仕組み】

NFTゲームってどうやって稼ぐの?【儲かる仕組み】

NFTゲームは、「Play to Earn(プレイして稼ぐ)」という仕組みがあります。
他にも”GameFi”や”ブロックチェーンゲーム”と呼ばれたりもします。

NFTゲームの仕組み解説図

NFTゲームの仕組み解説図

画像のとおり。
ゲーム内の通貨は「仮想通貨」になっており、ゲーム内のアイテムは「NFT」になっています。

NFTのアイテムは所有権が証明されているので、仮想通貨で売買できます。そして、仮想通貨は日本円に換金できるので、「プレイして稼げる」といわれているわけですね。

なお、まだ「NFT」について理解できていない方は、【完全解説】NFTとは?特徴やメリット・デメリットをわかりやすく解説で解説しているので、どうぞ。

NFTゲームは先行者が稼ぎやすい仕組み

あまり良い例えじゃないかもですが、NFTゲームは「ポンジスキーム」の形に似ています。新規ユーザーが初期費用を払ってプレイすることで、既存のプレイヤーに報酬が入ります。

NFTゲームはポンジスキームに似ていますが、詐欺ではないので安心してください。

NFTゲームで報酬がもらえる仕組み

  • 新規ユーザーが初期費用を払う→既存のユーザーに収益が入って、初期費用を回収できる
  • 新規ユーザーが参加しない→既存のユーザーに収益が入らず、初期費用を回収できない

既存のユーザーは、自分が初期費用を払ったあとに「新規ユーザー」がたくさん増えれば得をします。しかし、もし新規ユーザーが増えなければ、自分の初期費用を払えずに損をしてしまいます。

なお、「NFTゲームはポンジスキームなのか」という話題については、下記の記事をどうぞ。

NFTゲームの関連用語と業界用語

関連用語と業界用語をざっくりとまとめました。

  • NFT:世界にひとつしかないデジタルデータ。
  • ブロックチェーン:データを管理する仕組み。いくつか種類がある。
  • MetaMask:ウォレットの1つ。仮想通貨の財布みたいなもの。
  • ガス代:イーサリアムを使用するときにかかる手数料のこと。
  • ガバナンストークン:プロジェクトの方針を決める投票券。株みたいなもの。
  • トークン:既存のブロックチェーンで発行された仮想通貨のこと。
  • Opensea:NFTを売買するためのマーケットプレイス。

まずはこのあたりを覚えればOKかなと。
あとは調べつつ、ググっていけば知識が増えるはずです。横文字が多いので、最初は苦戦するかもですね。

NFTゲームで稼ぐ3つの方法【これだけで、稼げる】

NFTゲームで稼ぐ3つの方法【これだけで、稼げる】

NFTゲームで稼ぐには、次の3つのような方法があります。

  • 方法①:ゲーム内のNFTを売買する
  • 方法②:NFTゲームを遊んで稼ぐ
  • 方法③:自作したNFTを売買する

方法①:ゲーム内のNFTを売買する

1つ目に、ゲーム内のNFTを売買する方法ですね。
NFT化されているゲーム内のアイテムを、Openseaなどのマーケットプレイスで売買できます。

【ゲーム別】売買できるアイテム

  • Splinterlands:NFTのカードを売買できる
  • STEPN:歩くためのスニーカーを売買できる
  • Axie Infinity:キャラクターを売買できる

このように、NFTのアイテムを売買することで、仮想通貨の報酬をゲットできます。
もしNFTゲームでレアなアイテムを獲得したら、Openseaで売買するのもいいかもしれませんね。

そして、NFTを売却したら仮想通貨を貰えるので、その仮想通貨を日本円に換金すれば、お金を稼ぐことができますよ。

方法②:NFTゲームを遊んで稼ぐ

NFTゲームは、ゲームを遊んでいるだけでもお金を稼ぐことができます。

例えば、Splinterlandsというカードゲームでは5対5のカードで戦います。もしPvPで勝利したら、報酬として30〜500円くらい稼げます。3分ほどで勝敗が決まるので、かなり効率的に稼げますね。

こういった、NFTゲームを遊んで貰える報酬は、「NFTゲームを始めるための初期費用」「NFTを売買したときの手数料」などから流れてきています。

フィリピンなんかでは、このようなNFTゲームだけで生計を立てる人もいます。
NFTゲームは、ただのゲームプレイでも稼げる魅力的なゲームですよ。

方法③:自作したNFTを売買する

NFTゲームの中には、「ゲーム内でNFTを作れる」みたいな仕組みを導入しているものもあります。

例えば、ゲームの戦闘で使う「戦闘機」なんかを自分でカスタムして作るといったイメージ。その戦闘機を、Openseaで売買して稼ぐこともできます。

NFTゲームの仕組みを理解したあとにするべきこと

NFTゲームの仕組みを理解したあとにするべきこと

結論はシンプル。作業です。
ググって情報を得ても、それはただの知識です。得た知識を元に実践をする。これを繰り返せば、稼げるようになります。

知識 × 経験 = 収益化スキル

NFTゲームで月数万円稼いでいる人は、高速で「NFTゲーム業界」に参入したはず。あなたも、稼ぐためには早く参入することが大切です。

というわけで、今すぐ作業を始めましょう。次の行動につながるリンクを下記にまとめました。

まだNFTゲームを始めていない人

スタート地点にも立っていな人は、今すぐにNFTゲームを始めましょう。
【初心者OK】NFTゲームの始め方【簡単な3ステップで完全解説】

-NFTゲーム