NFT

【簡単】NFTアートの売り方を5つの手順で解説【稼ぐ3つのコツ】

NFTアートを売りたいんだけど、まったく売り方がわからないな、、、。NFTアートを売って稼ぐコツを教えて下さい!

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • NFTアートを売るときの事前準備
  • NFTアートの売り方【5つの手順】
  • NFTアートを売って稼ぐ3つのコツ

この記事を書いている僕は、3年ほど前から仮想通貨を触っています。現在は、NFTアートについてブログで情報発信しており、13歳で月5桁を達成しました。

日本ではNFTブームが来ているので、イラストを描くのが好きな人は、「NFTアートを売ってみたい!」と思うかもしれません。しかし、NFTアートの売り方はかなり面倒です。

そこで今回は、「NFTアートの売り方」を初心者にもわかりやすく解説します。この記事を読めば、「NFTアートの売り方・売って稼ぐコツ」がわかりますよ。

NFTアートを売るときの事前準備

NFTアートを売るときの事前準備

NFTアートの売り方として、まず次のような事前準備が必要です。

  • 準備①:仮想通貨の取引所で口座開設する
  • 準備②:MetaMaskでウォレットをつくる
  • 準備③:Openseaでアカウントを作成する

準備①:仮想通貨の取引所で口座開設する

まずは仮想通貨の取引所で口座開設しましょう。
理由は、NFTアートを売るときに初期費用がかかるから。

日本の取引所であれば何でもOKですが、初心者は「Coincheck」を選びましょう。Coincheckなら10分ほどで始められます。サクッと無料口座開設しちゃいましょう。

参考:【完全初心者向け】Coincheckで口座開設する3つの手順【コインチェック】

準備②:MetaMaskでウォレットをつくる

次に、MetaMaskでウォレットをつくりましょう。
MetaMaskとは、仮想通貨を自由に扱うための「財布」だと思えばOKです。

なお、ウォレットはMetaMaskが圧倒的に安全です。
具体的な使い方は、【完全解説】MetaMask(メタマスク)の使い方を解説【登録・入金・送金の方法】

CoincheckからMetaMaskにイーサリアムを送金する

なお、このタイミングで、CoincheckからMetaMaskにイーサリアムを送金しましょう。
少しややこしいですが、次のようなステップで送金できます。

  • ①:Coincheckで日本円を入金する
  • ②:Coincheckでイーサリアムを購入する
  • ③:イーサリアムをMetaMaskに送金する

とりあえず、NFTアートを売るときの初期費用として「1〜2万円ほど」のイーサリアムを購入しましょう。具体的なMetaMaskの送金方法については、下記の記事で解説しています。

参考:【3分で完了】Coincheckの仮想通貨の買い方【イーサリアム】

準備③:Openseaでアカウントを作成する

Openseaとは、NFTアートを売買するためのマーケットプレイスです。
「Crypto Punks」や「BAYC」などの有名なNFTアートもOpenseaで取引されているので、NFTアートを売るならOpenseaの一択ですよ。

Openseaでは「メアド・パスワード登録」が不要なので、10分くらいでサクッと始められます。なお、Openesaでアカウント作成をする方法は、下記の記事で解説しています。

参考:【初心者向け】OpenSeaに登録する3つの手順【NFTの始め方】

NFTアートの売り方【5つの手順】

NFTアートの売り方【5つの手順】

事前準備ができたところで、さっそくNFTアートを売ってみましょう。
NFTアートの売り方は、次の5の手順です。

  • 手順①:Opensea公式サイトに接続する
  • 手順②:Openseaのコレクションを作る
  • 手順③:コレクションの情報を入力する
  • 手順④:NFTアートにする絵を投稿する
  • 手順⑤:NFTアートに値段をつけて売る

手順①:Opensea公式サイトに接続する

1.まずはOpenseaを開きます。

公式サイト:Opensea.io

2.MetaMaskとOpenseaを接続させるために、右上のアイコンから「MetaMask」をクリックします。

MetaMask

3.MetaMaskを起動してOpenseaと接続します。

手順②:Openseaのコレクションを作る

4.右上のアイコンから「My Collections」をクリックします。

My Collection

5.「Create a collection」をクリックします。

Create a collection

6.MetaMaskが開いたら、「著名」をクリックします。

手順③:コレクションの情報を入力する

7.下記のようなコレクションの情報を入力しましょう。

  • (1)画像を挿入する
  • (2)コレクションの情報を入力する
  • (3)販売方法を入力する

(1)画像を挿入する

Create a Collection

8.画像は、次の3つを挿入しましょう。

  • Logo image:ロゴ画像
  • Featured image:アイキャッチ画像
  • Banner image:ヘッダー画像

(2)コレクションの情報を入力する

(2)コレクションの情報を入力する

9.コレクションについては、次のような情報を入力します。

  • Name:コレクションの名前
  • URL:コレクションのURL
  • Description:コレクションの説明
  • Category:コレクションのカテゴリーを選択
  • Links:自分のSNSと紐付けましょう。

(3)販売方法を入力する

10.Creater earningの項目にウォレットアドレスとロイヤリティを設定します。ロイヤリティは、3〜10%がおすすめ。(※ロイヤリティ:転売されるたびに支払われる料金)

ウォレットアドレス

11.Blockchainの項目から、売るときのトークンを選びます。こだわりがなければ、「Ethereum」を選べばOK。

ブロックチェーン

12.Display themeから、表示方法を選びましょう。これは好みのものを選びましょう。

display theme

13.Createをクリックしたら完了です。

エラーが発生した場合

「アイコン→My Collection」をクリックします。

My Collection

おそらく内容が入力されていません。なので、入力したあとにまたコレクションを作成しましょう。

手順④:NFTアートにする絵を投稿する

14.「Create」をクリックして、次の5つを入力します。

  • ①:作品の画像
  • ②:作品の名前
  • ③:作品の紹介ページ
  • ④:作品の説明
create new item

15.さきほど作ったコレクションを選択します。その下は初期設定のままでOK。

collection

16.次のような内容を入力します。

  • Supply:限定販売枚数
  • Blockchain:ブロックチェーン(ETHでOK)
  • Freeze metadata:データ凍結の詳細
cleate

17.「Create」をクリックすれば投稿完了です。

手順⑤:NFTアートに値段をつけて売る

次に、NFTアートに値段をつけて売りましょう。

18.NFTアートのページを開いて、「売る」をクリックします。

sell

19.値段を設定して、「Complete listing」をクリックします。

list item for sale

20.「Sign」と「著名」をクリックします。ここで、さきほどの「1〜2万円」をガス代として払います。
販売のときのガス代は初めの1回しか発生しないので、あとあと回収できるはずですよ。

これで、「NFTアートの売り方」は完了です。
お疲れさまでした。(`・ω・´)ゞ

NFTアートを売って稼ぐ3つのコツ

NFTアートを売って稼ぐ3つのコツ

NFTアートを売って稼ぐコツとして、次の3つを紹介します。

  • コツ①:SNSを使ってアピールする
  • コツ②:所有するメリットをつくる
  • コツ③:Giveaway企画を開いてみる

コツ①:SNSを使ってアピールする

当たり前かもですが、NFTアートの宣伝は「SNS」を使いましょう。
SNSで認知度をUPさせるには、次の3つを発信しましょう。

  • ①:クリエイター側のノウハウ
  • ②:他クリエイターとのコラボ
  • ③:インフルエンサーと関わる

注意点として、自分の作品だけをアピールするのはNG。自分の宣伝だけをする人をフォローしようとは思いませんよね。

なので、「NFTクリエイター」としての立場から、ノウハウや作業過程について発信しましょう。NFTの「何が過酷なのか」「どうやって売ったのか」といった内容ですね。

コツ②:所有するメリットをつくる

NFTアートは、「所有するメリット」がないと売れません。
なので、次のような価値を提供しましょう。

  • ①:コミュニティ・イベント参加権
  • ②:所有者のツイートをSNSで宣伝
  • ③:次回作のNFTを購入する優先権

こういったイメージ。
NFTアートの活用方法はたくさんあるので、「所有するメリット」というポイントで差別化しましょう。

このように、NFTアートが売れたあとの「GIVE」がないと価値を感じられません。作品の質よりも、「所有して何ができるのか」をアピールするべきです。

コツ③:Giveaway企画を開いてみる

Giveaway企画とは、Twitterなどを利用して無料でNFTアートをプレゼントすること。応募条件を「フォロー・リツイート」にすることで、影響力を獲得できますよ。

Giveaway企画をする手順は次の3つ。

  • ①:Giveawayのツイートをする
  • ②:Giveawayの当選者をえらぶ
  • ③:NFTアートを当選者に送る

こういった3ステップで影響力の獲得になります。
NFTアートを販売している人は100%やるべき。費用もかからないので、サクッと始めちゃいましょう。

なお、具体的なやり方は【売上UP】NFTのGiveaway企画のやり方【SNSの活用方法】 で解説しています。

というわけで、今回はここまでです。
快適なNFTライフをお楽しみください。(`・ω・´)ゞ

次につながる行動

-NFT