NFT

【売上UP】NFTのGiveaway企画のやり方【SNSの活用方法】

2022年2月19日

NFTが売れないからTwitterでGiveaway企画を始めたいけど、やり方がわからない、、、僕でもできますか?

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • NFTのGiveaway(ギブアウェイ)企画のやり方
  • NFTのGiveawayで売上をUPさせるコツ

この記事を書いている僕は、3年ほどまえから仮想通貨を触っています。現在は、NFTについてブログで情報発信しており、13歳で月収5桁を達成しました。

「NFTがなかなか売れない、、、」というときはGiveawayが効果的ですが、具体的なやり方はわかりませんよね。

そこで今回は、「NFTのGiveaway企画のやり方」について解説します。この記事を読んで、有名なNFTクリエイターになりましょう。(`・ω・´)ゞ

NFTのGiveaway(ギブアウェイ)企画のやり方

NFTのGiveaway(ギブアウェイ)企画のやり方

結論、Giveaway企画のやり方は以下の3つです。

  • ①:Giveawayのツイートをする
  • ②:Giveawayの当選者を選ぶ
  • ③:NFTを送信する

それでは、順番に解説していきます。

手順①:Giveawayのツイートをする

まず、作ったNFTのスクショを載せてGiveawayのツイートをしましょう。
下記のようにすればOKです。

応募条件は、下記の3つにしましょう。

  • Twitterのフォロー
  • ツイートのいいね
  • ツイートのRT

締切やハッシュタグもつかって、たくさんの人に見てもらいましょう。

手順②:Giveawayの当選者を選ぶ

フォロー・いいね・RTをされたら、Giveawayの当選者を選びましょう。

選びかたは、何でもOK。
迷ったら、「いちばん応援してくれたひと」とかがいいかもです。

当選者を選んだら、TwitterでGiveaway企画の当選者を発表しましょう。

発表しないと、ホントにGiveawayしているのか怪しまれるかもしれません。そして、当選者にDMを送ればOKです。

手順③:NFTを送信する

NFTを送信するために、Giveawayの当選者にOpenseaのウォレットアドレスを教えてもらいましょう。

それでは、OpenseaからNFTアートをミント(NFT生成)します。

手順③:NFTを送信する

「Create」をクリックすればOK。
なお、ブロックチェーンはポリゴンを選ぶと手数料が安くなりますよ。

クリエイト

次に、NFTを選択して「Transfer」をクリックします。

Transfer

「Address」に、Giveawayの当選者のウォレットアドレスをコピペしましょう。

アドレスを入力

これで、Giveawayは完了です。
わりと簡単なので、Giveaway企画は頻繁にしましょう。

NFTのGiveawayで売上をUPさせるコツ


NFTのGiveawayで売上をUPさせるコツは、次の3つ。

  • コツ①:作品をアピールする
  • コツ②:所有するメリットを作る
  • コツ③:購入後の未来を見せる

コツ①:作品をアピールする

1つ目に、NFTアートをアピールするのが大切。
SNSで認知度をUPさせましょう。

認知度をUPさせるには、次の3つを発信すればOK。


  • 発信①:クリエイター側のノウハウ
  • 発信②:他クリエイターとのコラボ
  • 発信③:インフルエンサーと関わる

自分の作品だけをアピールしてもNG。自分の宣伝だけをする人には魅力を感じませんよね。

なので、「NFTクリエイター」としての立場から、ノウハウや作業過程について発信すべき。

NFTを始めて、「何が過酷なのか」「どう成り上がったのか」といった内容を発信すれば、ストーリーに心が惹かれる人も増えるでしょうね。

コツ②:所有するメリットを作る

2つ目に、「所有するメリット」がないNFTは購入しようと思いませんよね。
なので、次のような価値を提供しましょう。

  • ①:コミュニティ・イベント参加券
  • ②:所有者のツイートをSNSで宣伝
  • ③:次回作のNFTを購入する優先権

この3つは、わずかな例です。
NFTをの活用方法はたくさんあるので、「所有するメリット」というポイントで差別化しましょう。

このように、NFTを買ってもらったあとの「GIVE」を増やすと価値を感じられます。作品の質よりも、「所有することで何ができるか」を重視しましょう。

コツ③:購入後の未来を見せる

3つ目に、「NFTを購入したあとの未来」を見せましょう。
なるべくハッピーな未来がいいですよね。

  • メタバースで購入者限定の土地を開く
  • その土地でNFTのファッションを着る
  • ほかの購入者たちとイベントを楽しむ

このような感じで、「購入したあとの未来」をイメージさせましょう。
NFT作品だけではなく、購入後の未来も宣伝するべきです。

とはいえ、日本では、NFTは認知度が低いです。だからこそ、今回紹介したような方法で他のNFT作品と差別化をしましょう。

それでは、今回はここまでです。
快適なNFTライフをお楽しみください。

-NFT