PR NFTアート 中学生

【不登校OK】中学生がイラストレーターを目指していい?【人生は適当】

中学校にいけてなくて不登校なんだけど、将来が心配だな、、、。不登校の中学生でも、イラストレーターになって稼げるかな?不登校なのに稼ぎたいって、甘えかな?

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • 不登校の中学生がイラストレーターを目指していい?
  • 不登校の中学生だからこそ行動するすべきである話
  • 挑戦する不登校の中学生に伝えたいこと【3つある】

この記事を書いている僕は、起立性調節障害の14歳で、数ヶ月ほど休学しています。しかし、休学している時間で「ブログ執筆」や「NFTアート転売」などをして月収5桁を達成しました。

中学生で不登校になってしまうと、「イラストレーターになりたいけど、不登校でもなれるかな?」と、将来に不安ができますよね。

そこで今回は「不登校の中学生でもイラストレーターを目指しても良い?」というテーマについて書いていきます。この記事を読めば、これまでよりも将来の生活をイメージしやすくなるはずですよ。

不登校の中学生がイラストレーターを目指していい?

不登校の中学生がイラストレーターを目指してもいい?

生き方は、自由です。不登校の中学生でもイラストレーターを目指してOK。

不登校な子供を叩いているオトナたち

すこし前に話題になっていた「ゆたぼん」を叩くオトナがいますが、さすがにビビりますよね。

2019年の話ですが、Twitterにて「チャンネル登録解除祭り」といった内容が大量につぶやかれていました。

こういったツイートって、謎ですよね。
なんというか、見ていて虚しい気分になります。

そして、叩かれる側は深く傷つきますよね。ゆたぼん本人だけではなく、他の不登校の子供にもダメージが入りそうで心配です。

中学生で不登校になってもいいし、自己責任

正直なところ、「沖縄の小・中学生が不登校になった」とかって、どうでもいいですよね。

僕は「批判」はしませんし、「応援」もしません。ただ、「そういう生き方も、ありだよね」という考え方です。

そして、批判があるのにYouTubeを継続しているゆたぼんは、「鋼鉄の心臓」を持っているなという印象。

ほとんどのオトナは、少し批判があるだけでアカウントを消してしまいますからね。やはり、こういった文化は日本の悪いところだと思います。

もう少し、ゆる〜く生活しよう

ということで、もう少しゆるい生活で良いと思います。真面目に考えたところで、答えは見つかりませんからね。

自分のこころから「真面目」を捨てることで、柔軟な考え方ができるようになるはず。

なので、「中学生で不登校なんで、自分はダメだな」といった悩みがあったとしても、「そんな生き方もアリだよね」といった感じで、開き直っちゃいましょう。

自分の「固定概念」を捨てるのは難しいかもですが、自分が持っている限られた「力」に目を向けましょう。

不登校の中学生だからこそ行動するすべきである話

不登校の中学生だからこそ行動するすべきである話

僕は、休学している時間で「NFTアート」「ブログ執筆」といった作業をしています。

「才能があるんでしょ?」という質問があるかもです。しかし、僕は進学校でもなければ、成績もTOPでもありません。「不登校」という個性から、普通とは違う生き方ができます。

「不登校」を武器にして、稼ぎまくろう

最近の中学生は、ビジネスを始めるハードルが下がっています。
イラストレーターでもブログでも、SNSやネットのおかげで始めやすい。

例えば、いま高校3年生の「キメラゴン」さんは不登校だった中3のときに月収1,170万を稼ぎ出しました。

  • アフィリエイト
  • 有料note販売
  • 講演

こういった方法で、月収1,000万円ですよ、、、不登校でも希望が見えますね。

このような変化は、「SNSやネットのおかげかな」と思っており、素晴らしいですよね。現代の中学生であれば、家に引きこもってネットで学習したら、将来無双できそうです。

イラストレーターは稼ぎやすくなっている

年齢関係なく、イラストレーターは、確実に稼ぎやすくなってますね。
理由は、「ネット世界の革命」にあります。

下記の「Onigiriman’s cute girl Collection」のイラストをご覧ください。

おにぎりまん

こちらのイラストは、「100ETH=約4,000万円」ほどで落札されました。新築の家が1件買えますね。

こんなに高い理由は、「NFT」だからです。NFTとは、「所有権が証明されたデジタルアート」のこと。所有権が証明されていてコピーできないので、「世界に1つ」の作品です。

NFTなどの世界のことを、「WEB3」といい、インターネット以来の革命と言われています。

「でも、こんなのコピーできるじゃん!」

よくある意見として、「長押しして画像を保存したらコピーできる!」と反論されます。しかし、こういった意見は的外れだったりします。

例えば、あなたがモナリザの写真を撮ったとします。その写真を家でプリントして壁に飾っても、「モナリザを盗めた」とはなりませんよね。

つまり、「ニセモノのブランド品」なわけです。ニセモノには価値が付きませんよね。なので、「Onigiriman’s cute girl Collection」には本物のブランドの価値がついたのです。

こういったNFTの仕組みによって、「イラストレーター」の世界に革命が起きているんですね。これから、「イラストレーター」の未来は明るい。

「難しすぎてわからない、、、」と思うかもですが、問題なしです。最初は僕もわかりませんでした。もっと「NFTの概念」について理解したい人は、下記の記事を参考にしてください。

参考:【完全解説】NFTとは?特徴やメリット・デメリットをわかりやすく解説

まずは片足だけつっこむべし

、、、難しい話ばかりでスイマセン。m(_ _)m
とはいえ、NFTについて理解すれば、イラストレーターとして稼ぐための近道になります。

もしかしたら「将来、イラストレーターになる」と考えているかもですが、不登校なら「いますぐ」に始めるべき。

中学校による時間の制限もないので、大人と同じように「イラストレーター」として稼いでいけますよ。

失敗しても、「稼ぐための枠」が広がる

もしイラストレーターとして失敗しても、中学生が稼ぐ方法ならたくさんあります。
下記のように、ビジネスとビジネスはつながっています。

  • ”イラストレーター”をしたけど、”NFT”に興味を持った
  • ”NFT”をしたけど、集客するときに”ブログ”に興味を持った
  • ”ブログ”をしたけど、WEBデザインから”プログラミング”に興味を持った。
  • ”プログラミング”を1年くらい継続して、月収20万を達成した。

こういったイメージ。
いくつかのビジネスに失敗しても、新しいビジネスに手を出していけば、いつか「当たり」があります。

行動しない人がほとんどですが、「いま始めるかどうか」だけで運命がわかれます。

「ただの不登校の中学生」になるか、「イラストレーターとして成功した不登校の中学生」になるかは、あなたが決めれますよ。

なお、「不登校の中学生がNFTで稼ぐ方法」については【現役中学生が解説】中学生がNFTアートで稼ぐ方法【5万円稼いだ】を参考にしてください。

挑戦する不登校の中学生に伝えたいこと

挑戦する不登校の中学生に伝えたいこと

ちょっと上から目線で申し訳ないですが、中学生の僕がアドバイスをしてみます。

  • 年齢制限は、親名義で突破しよう
  • 新しい「稼ぎ方」にも手を付けよう
  • 挑戦しつつ、発信もしていこう

年齢制限は、親名義で突破しよう

まず、中学生だと年齢的な成約が多いです。
僕がブログをするときも、年齢制限で「サービスに登録できない」、、、など。

そういった場合は、「親名義」で解決しましょう。
こういった抜け道を使うのはグレーな方法かもですが、成功するためには必要です。

NFTを始めるときに年齢制限があるなら、「親名義で登録して、親からの外注先として自分が作業している」という状態にすればOK。

もちろん、親からの許可はとりましょうね。

挑戦しつつ、発信もしていこう

言うまでもなく、「SNS発信」をする人が有利になる世界です。

イラストレーターとして売れるためには、「SNSマーケティング」が大切になります。
SNS発信をすることで、初めてイラストが売れます。

  • 1人で作業→誰にも売れない
  • SNS発信→認知度UP、稼ぎやすい

上記のとおり。

不登校の中学生だと、孤独に悩むことも多いはず。
しかしSNS発信をすると、「不登校イラストレーター」の仲間が増えたりします。

そして、「イラストに興味を持つファン」が増えたりします。

これが最大の差別化になるので、やはり「現代において、発信は必須」だと思っています。イラストを描くだけでなく、SNSの発信もしてみてください。

新しい「稼ぎ方」にも手を付けよう

下記のように、3ヶ月ごとに人生を変えてみましょう。

  • ”イラストレーター”をしたけど、”NFT”に興味を持った(3ヶ月目)
  • ”NFT”をしたけど、集客するときに”ブログ”に興味を持った(6ヶ月目)
  • ”ブログ”をしたけど、WEBデザインから”プログラミング”に興味を持った。(9ヶ月目)
  • ”プログラミング”を1年くらい継続して、月収20万を達成した。(12ヶ月目)

こういった迷路のような道をとおって、1年ほどで「月収20万円」を達成できます。

残念ながら、この記事を読んでも99%の人が行動できません。
つまり、行動するだけで、「上位1%の人材」になれるわけです。

「行動の始め方がわからない」という人は、【現役中学生が解説】中学生がNFTアートで稼ぐ方法【5万円稼いだ】を参考にしてください。このページをクリックするのが、第一歩につながりますよ。

というわけで、今回はここまでです。
快適な中学生ライフをお楽しみください。(´∀`)

※無料ニュースレターを発信中:僕は持病を抱えつつも、13歳でブログで月収5万円を達成しました。その状況で得た「健康×ビジネス」の知識をニュースレターで共有していきます。無料登録はこちら。いつでも解約できます。

-NFTアート, 中学生