PR NFTアート

【新しい革命】NFTアートの魅力とは【結論:ユーティリティ】

NFTアートが日本でめっちゃ流行ってるらしいけど、どんな魅力があってそんな話題になってるんだろう?その魅力を理解してNFTアートを始めてみたいな!

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • NFTアートの魅力とは【結論:ユーティリティ】
  • NFTアートの投資で成功するための3つのコツ

この記事を書いている僕は、NFTアート投資をしている中学2年生です。現在は、ブログで稼いだ収益をすべて仮想通貨やNFTアートに使っています。

先日に、下記のようなツイートをしました。

NFTアートが「ただの画像」じゃないのは、ユーティリティがあるから。
コミュニティの参加券、ゲームの参加券、メタバースの参加券になります。
なので、NFTアートは「買ったあとの未来」がある。
ブログにて、深堀りしていきます。

今回は、上記を深堀りしていきます。
この記事を読めば、NFTアートの投資対象としての魅力がわかるはず。


NFTアートの魅力とは【結論:ユーティリティ】

NFTアートの魅力とは【結論:ユーティリティ】

結論、NFTアートの魅力はユーティリティにあります。

結論:NFTアートの魅力はユーティリティです

冒頭のツイートでも書いていましたが、NFTアートが「ただの画像」じゃないのは、ユーティリティがあるから。

例えば、NFTアートを所有してる人だけが使えるアプリがあると、そのNFTアートが欲しくなりますよね。それが、ユーティリティです。

  • 所有者だけがコミュニティに入れる
  • 所有者だけがゲームをプレイできる
  • 所有者だけがメタバースに入れる

上記のとおり。
このような仕組みは、すでに導入されています。

この事実を「なるほど、そういうことか」と理解できないと、たぶんNFTアートの魅力を理解するのは難しいと思います。

僕の場合だと、isekai battleというNFTアートを持っており、これは所有者のみがゲームを遊べるようになっています。こういった仕組みがあるから、魅力が生まれます。

よくある質問:でも、配当とかないんでしょ?

下記のとおりです。

BAYCというNFTアートのプロジェクトが、BAYCの保有者に対して「1,000万円分」の仮想通貨を配りました。

そして、BAYCの保有者であるイケハヤさんは、この1,000万円分の仮想通貨を受け取ることができたそうです。

こういった感じで、NFTアートは価値が上がると「エアードロップ(無料配布)」が行われることがあります。これは、投資対象としても魅力的ですよね。

NFTアートは、「無料」でも始められます

NFTアートには「フリーミント」といって無料配布されるものもあります。
つまり、NFTアートを無料で受け取ることができるということ。

多くの人は「どうせ自分がNFTアートなんて買っても…」と思うかもですが、それを言っていたら始まりません。

というか、1年前の僕は、まったく同じ思考でした。
当時からNFTアートを知っていたのですが、あるときに買おうとしたNFTアートが30万円になった、という情報を知って、考え方を変えました。

こういった「気づき」があったのは、やはりNFTアートの始め方を学んでいたから。

NFTアートは無料で始める方法もあるので、損する前に始めてみてはどうでしょうか。

参考:【ガス代なし】NFTアートを無料で始める方法【お金をかけない】

補足:NFTアートのアンチは無視をしよう

1つ大切なことを書くと、NFTアートでは「アンチは、無視する」というスタンスにすべきです。

たまに見かけるのですが、「NFTアートなんて、99%はゴミだ」という人がいます。
たしかにそれも正しいですが、、、ちょっとモッタイナイな、と思ったりします。

というのも、コンテンツの99%がゴミになるのはYouTuberでも仮想通貨でも同じですよね。その中から1%の宝石を見つけるのが、投資です。

もう少しわかりやすく例えると、「スマホを使ったことない人にスマホの魅力は伝えられない」というのと同じ。NFTアートを始めてない人は、NFTアートの魅力がわかりません。

なので、僕はNFTアートの記事を毎日投稿しつつ、面白そうなNFTアートを見つけたら買うようにしています。

NFTアートの投資で成功するための3つのコツ

NFTアートの投資で成功するための3つのコツ

NFTアートは魅力的ですが、事実として、大半の人はNFTアートの投資でうまくいきません。
それもそのはずで、全員がうまくいく技なんてありませんからね。

NFTアートの投資にはコツがある

  • コツ①:すぐに買わないで、まずは待つ
  • コツ②:分散投資より集中投資をすべき
  • コツ③:運営の「スタンス」をみるべき

上記のとおりなので、順番に見ていきます。

コツ①:すぐに買わないで、まずは待つ

基礎的な部分ですが、多くの人はここで失敗します。
ズバリ、「買ったけど、売れない」の対策ですね。

初心者はNFTアートを買っても、価格が下がって損切りするしかない、という状態になりがち。僕も最初はそうでした。

僕は、期待されてたNFTアートを発売時に購入して、価格が上がるのを楽しみにしてましたが、結局はずっと価格が下がって、損切りするしかありませんでした。

そして、僕のように失敗しないためには「すぐに買わないで、まずは待つ」というのを意識すべき。

期待されてても、発売時には買わない

たまに、「このNFTアートは絶対に成功する!」みたいに言われることがありますが、それでも発売された瞬間に買わないようにしましょう。※フリーミントは例外です。

なぜなら、発売時は盛り上がりやすいけど、1ヶ月後には流動性がなくなることが多いから。

なので、発売時に買うのではなく、まずは様子見をするようにしましょう。

コツ②:分散投資より集中投資をすべき

続いては「集中投資」です。

僕は、NFTアートは3点くらいしか持ってませんでした。
なぜなら、すべてのNFTアートを管理できないから。

例えば、NFTアートを投資するなら、「そのNFTアートは今月どんなイベントがあるか」や「新作のNFTアートが出るか」といった情報を追いかけるべきですよね。

そして、分散投資をすると情報を追いかけることができません。

なので、1〜3つくらいのNFTアートに集中投資するようにしましょう。
すべての情報を見ることはできないので、集中して1つのプロジェクトを見るべき。

コツ③:運営の「スタンス」をみるべき

あとは、「運営のスタンスを見るべき」という話ですね。

  • プロジェクトA:ファン向けに可愛いイラストを提供します!
  • プロジェクトB:NFTアートを売って事業展開していきます!

上記の2つだと、「プロジェクトA」は投資としては稼ぎづらいです。

なぜなら、「可愛いイラストを売る→完売する→ファンが満足」という流れで、すべてが終わるから。

しかし、プロジェクトBの場合は「NFTアートを売る→事業を展開する→価格が上がる」という感じで、投資で成功しやすいですよね。

このように、「ただ可愛いNFTアート」は価値が上がりづらいです。
しっかり事業展開されるNFTアートに投資するようにしましょう。

「勉強」するよりも「行動」してみよう

というわけで、最後はこちらをどうぞ。

勉強も大切ですが、それ以上に「行動すること」が大切です。

まずはNFTアートを買ってみて、そこでの失敗から学び、失敗から萎えるのではなく、そこで「あぁ、こうやってやると、伸びないのか」と学べばOKです。

行動から学べば、翌日は改善します。
これを繰り返したら、徐々に伸びますよ。

というわけで、今回は以上です。下記の記事でNFTアートの投資を始める方法を解説していますので、ぜひ。

参考:【初心者向け】NFTアートの買い方を解説【5ステップで購入する】

※無料ニュースレターを発信中:僕は持病を抱えつつも、13歳でブログで月収5万円を達成しました。その状況で得た「健康×ビジネス」の知識をニュースレターで共有していきます。無料登録はこちら。いつでも解約できます。

-NFTアート