NFTアート

【稼げる】インスタのNFT投稿のやり方【デジタルコレクティブル】

周りの人がデジタルコレクティブルを使ってるけど、インスタで話題になってる「NFT」が何なの?自分も、NFTをやってみたいな。

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • インスタで話題のNFTとは?【デジタルコレクティブル】
  • インスタでNFTが話題になった理由【実は、稼げる?】
  • インスタでNFTの画像を投稿するやり方【3つの準備】

この記事を書いている僕は、この仮想通貨ブログで「NFTで収益化する方法」などについて解説しています。

3年ほど仮想通貨を見てきた僕ですが、NFTは「インターネット以来の革命」と言われており、収益にも繋がるので波乗り必須ですよ。

というわけで今回は、「インスタで話題のNFTとは?」について解説していきます。後半では、「インスタでNFTの画像をアップする方法」も紹介しますよ。

インスタで話題のNFTとは?【デジタルコレクティブル】

インスタで話題のNFTとは?【デジタルコレクティブル】

インスタの中では、「NFT=デジタルコレクティブル」という理解で問題なしです。
「NFT」を理解するために、下記の3つの特徴を知っておきましょう。

  • 特徴①:世界に1つしか存在しないデータ
  • 特徴②:ブロックチェーンで管理している
  • 特徴③:非中央集権ネットワークになる

特徴①:世界に1つしか存在しないデータ

NFTとは、「Non Fungible Token」のこと。直訳すると「非代替性トークン」です。
これだと、サッパリわかりませんよね。

例えば、あなたが1年かけて「とても芸術的な絵画」を描いたとします。
その絵画は、あなただけの価値があり、他人の落書きとは交換したくないですよね。

要するに、その絵画は「世界に一つしか存在しないもの」ということです。NFTは、この「絵画」にあたります。

NFTとは逆の「通貨」

逆に、1万円札は「代替できるもの」です。

もし、あなたがヘトヘトに働いて、1万円を稼いだとします。
その1万円札は、他人の「すこし汚れた1万円札」と交換しても利用できますよね。

なぜなら、その「すこし汚れた1万円札」は通貨としての同じ価値があるから。つまり、「代替できるもの」なわけです。ちなみに仮想通貨は、この「1万円札」にあたります。

特徴②:ブロックチェーンで管理している

NFTはブロックチェーンによって管理されています。
ブロックチェーンには、次のような特徴があります。

  • 追跡可能性:過去のデータの内容を確認できる
  • 耐改ざん性:記録したデータを改ざんできない
  • 透明性:誰が誰に、何を取引したのかがわかる

ちょっと複雑かもしれませんが、ブロックチェーンについて理解できたら、NFTの概念もわかってくるはず。

ブロックチェーンを学習できるオススメ本

特徴③:非中央集権ネットワークになる

ブロックチェーンで管理されているNFTは、「非中央集権」というネットワークになります。

要するに、「権限をもっている管理者がいない」という状態ですね。

わかりやすく例えると、「自動販売機」のようなイメージ。管理者はいませんが、「コインを入れたらお茶が出てくる」というシステムがありますよね。

NFTも同じように、「仮想通貨を入れたらNFTを取引できる」というシステムがあるので、管理者がいなくても稼働するわけです。

インスタでNFTが話題になった理由【実は、稼げる?】

インスタでNFTが話題になった理由【実は、稼げる?】

インスタでNFTが話題になった理由は、次の3つ。

  • 理由①:販売で収益化しやすい
  • 理由②:エフェクトがかかる
  • 理由③:NFTの集客がしやすい

理由①:販売で収益化しやすい

一般的なイラストは、すぐにコピーできてしまうので販売しづらいですよね。しかし、NFTであればコピーできないので、収益化がしやすいというメリットがあります。

また、NFTには「ロイヤリティ」という仕組みがあるので、出品したNFTが転売されても、作者に収入がはいります。

なので、「イラストで稼ぎたい!」という方はNFTアートで収益化するのがオススメ。インスタでNFTをアピールすることで、認知度UPにもつながりますからね。

理由②:エフェクトがかかる

インスタでNFT(=デジタルコレクティブル)を投稿すると、目立つエフェクトがかかります。その目立つエフェクトによって、他のイラストと差別化することができます。

また、「NFTの説明」などの公開情報を表示させることができます。もしかしたら、NFTの集客でインスタがいちばん役立つ時代が来るかもしれませんね。

理由③:NFTの集客がしやすい

現在は、TwitterがNFT集客のメインのツールになっています。しかし、「イラストの投稿」という意味ではインスタの方が優れています。

NFTを無料でプレゼントする「Giveaway企画」にも役立ちそうです。Twitterには「NFTアイコン」という存在は、NFTを投稿することはできません。

できるだけ早めにインスタのNFT集客を始めておくことで、他人よりも売上をUPできるかもしれませんよ。

インスタでNFTの画像を投稿するやり方【3つの準備】

インスタでNFTの画像を投稿するやり方【3つの準備】

「インスタでNFTの画像を投稿するやり方」について解説しようとしましたが、残念ながら日本では「デジタルコレクティブル機能」は導入されていません。

とはいえ、「インスタでNFTを投稿する前の準備」をしておくことで、日本でもデジタルコレクティブル機能が導入されたときに、NFT投稿を始められます。

そこで、インスタでNFTを投稿するために、次の3つの準備をしておきましょう。

  • 手順①:Coincheckで口座開設する
  • 手順②:MetaMaskでウォレットを作る
  • 手順③:NFTアートを作る・買う

手順①:Coincheckで口座開設する

まず、NFTアートを売買するときには初期費用が数千円かかります。その初期費用を「イーサリアム」で支払うために、「Coincheck」という取引所でイーサリアムを購入しましょう。

正直、日本の取引所ならCoincheckでなくてもOKですが、Coincheckはいちばん使いやすいので初心者にオススメ。

もちろん、Coincheckは無料で口座開設できます。10分ほどでできるので、サクッと始めちゃいましょう。

手順②:MetaMaskでウォレットを作る

次に、MetaMaskでウォレットを作成しましょう。
ウォレットとは、仮想通貨を自由に扱うための「財布」のようなもの。

MetaMaskでウォレットを作成するときは、「メアド・パスワード登録」などは不要です。なので、ウォレットの作成も10分ほどでサクッと始められますよ。

手順③:NFTアートを作る・買う

NFTアートを所有するには、下記のような2つの方法があります。

(1)NFTアートを作る

自分で作ったイラストをNFTアートにして、インスタで宣伝するという方法。

NFTアートを作るだけでは初期費用はかかりませんが、もし「NFTアートを出品して収益化したい!」という場合は1〜2万円ほどの初期費用がかかります。

具体的な「NFTアートの作り方」については、【初心者向け】NFTアートの作り方を5つの手順で解説【稼ぐコツ】を参考にしてください。

(2)NFTアートを買う

「自分でイラストを描けないよ!」という方は、「NFTアートを買う」という方法がオススメ。NFTアートは初期費用として5,000円〜2万円ほどかかります。

NFTアートを買ったあと、価格が上がったタイミングで転売することで稼ぐこともできます。

具体的な「NFTアートの買い方・使い道」については【初心者向け】NFTアートの買い方を解説【5ステップで購入する】を参考にしてください。

というわけで、今回はここまでです。
快適なNFTライフをお楽しみください。(´∀`)

-NFTアート