PR ライフ

【注意】ストレスが意志力に与える影響【ニュースは有害です】

2021年3月15日

【注意】ストレスが意志力に与える影響【ニュースは有害です】

こんな方におすすめ

  • 意志力を強くしてダイエットを成功させたい
  • ストレスが意志力に与える影響を知りたい

今回は、ストレスと意志力の関係について解説します。

意志力を強くして、ダイエットや禁煙を成功させましょう。


前回も意志力について書いた記事があるので、ぜひ読んでみてください。↓

前回の記事
誘惑に負けない方法|意志力を鍛える4つのテクニック【自分に優しくしよう】

続きを見る

ストレスが意志力に与える影響

今回解説するのは以下の4つです。

ストレスと意志力の関係

  • ストレスがたまるとどうなる?
  • ニュースは有害
  • ほとんどのストレス解消法は効果なし
  • おすすめのストレス解消法(4つ)

それでは順番に解説します。

ストレスがたまるとどうなる?

結論、ストレスがたまると意志力は弱くなります。

ストレスで脳が快楽を求めるからですね。

例えば、ダイエット中に上司に怒鳴られたらどうでしょう。
おそらく、ダイエットなんてどうでも良くなり、お菓子を食べまくると思います。

これは、不安や恐怖、疲労なども含まれます。

他にも、タバコの[⚠︎悪影響を及ぼします]という注意書きも、ストレスの原因なので逆効果です。

注意書きで余計にタバコが吸いたくなってしまうわけですね。

ダイエットや禁煙など、意志力が必要なときは、なるべくストレスを減らしましょう。

ニュースは有害です

ニュースによるストレスで意志力が低下する

上司に怒鳴られるほどでなくても、少しのストレスで意志力は弱くなってしまいます。

例えば、ニュースもそうです。

ニュースには死や事故、事件などネガティブな情報が多いですよね。

ニュースによる少しのストレスでも、意志力は弱くなります。

実際に、ニュースを見る人はケーキ、タバコ、お酒などに縋り付きやすくなるからですね。

意志力を強くするなら、ニュースは見ないほうがいいかもです。

ほとんどのストレス解消法は効果なし

「意志力が弱くなるならストレスは減らさないと!」と思ってもストレスは簡単に減らせるものではありません。

そもそも、ほとんどのストレス解消法は効果がないからです。

特に、以下のものには注意しましょう。

効果がないストレス解消法

  • テレビ
  • 飲食
  • ネット
  • ゲーム

この4つは全てドーパミンが分泌されるものです。

ドーパミンは期待には繋がりますが、ストレスも増えてしまいます。

美味しそうなクッキーを食べたら不味くてストレスだけ残る感じです。

そもそも、脳は効果のあるストレスの解消法を判断できないので、ドーパミンを求めてしまうのかもしれませんね。

おすすめのストレス解消法

それでは、根拠のあるストレス解消法について紹介します。

おすすめは以下の4つです。

ストレス解消法

  • エクササイズ(運動)
  • 瞑想
  • 自然に触れる
  • 睡眠

上記の4つは、どれも科学的に正しいストレスの解消法です。
それでは順番に解説します。

エクササイズ(運動)

運動には、脳をスッキリさせてくれる効果があります。

特に、有酸素運動がおすすめですね。

無酸素運動(筋トレなど)でも効果はありますが、有酸素運動の方が効果は高いです。

それと、短時間の激しい運動が効果的です。

とにかく、好きな運動を5分間楽しみましょう

きつい運動が苦手なら、軽い散歩や階段の登り下りでも構いません。

瞑想

瞑想でストレスを減らす

瞑想の効果はとても大きく、AppleやGoogle、Microsoftなど、多くの大企業が取り入れています。

効果は以下の通りです。

瞑想の効果

  • 3時間➡︎注意力、自制心up
  • 11時間➡︎脳の形が変化

他にも、幸福度や感情のコントロール力の向上、メンタルの安定など、やらない理由がないほどですね。

詳しくは以下の記事で解説しています。

おすすめ記事
マインドフルネス瞑想
マインドフルネス瞑想を始める手順とは|おすすめの時間や効果など

続きを見る

やり方や効果、注意点など解説しているので、ぜひ読んでください。

自然に触れる

自然も、人間にとてもいい効果をもたらしてくれます。
リラックス効果やストレス解消などですね。

自然といっても、公園や庭でも構いません。

個人的には「運動」「瞑想」「自然」の3つを合わせた方法がおすすめです。

やり方は以下の通りです。

手順

  • 庭や公園など、自然がある場所に行く
  • ゆっくり歩き、足の裏の感覚に集中する(つま先がつき、足の裏が地面に着く瞬間や、反対側の足が地面から離れていく感覚)
  • 注意がそれたら②の状態に戻す

こんな感じですね。

こちらも、詳しくは『マインドフルネス瞑想を始める手順とは|おすすめの時間や効果など』で解説しています。

睡眠

睡眠時間が短いと、エネルギー不足になり、糖分が欲しくなってダイエットも失敗しやすくなります。

もし糖分を摂取しても、エネルギーを効率よく使えず、意味がありません。

睡眠時間は8時間、最低でも7時間くらいを目安にしましょう。

もし、深く眠れない、早く寝付けないという場合は、以下の4つに気をつけてください。

睡眠方法

  • 夜更かしも早起きもしない(固定時間)
  • 長く寝ると逆効果
  • ベットに入る90分前に入浴
  • 食事は寝る3時間前に終わらせる

上記の4つを試すと、結構深く眠れると思います。

まずは睡眠時間を調整することから頑張りましょう。

まとめ

まとめ

今回は、以下の4つについて解説しました。

  • ストレスがたまるとどうなる?
  • ニュースは有害
  • ほとんどのストレス解消法は効果なし
  • おすすめのストレス解消法(4つ)

この4つを踏まえて、意志力を高められるといいですね。

意志力についてもっと知りたい方は以下の記事がおすすめです。

もっと詳しく
意志力かま低下する原因
【注意】意志力が低下する原因|睡眠不足やストレスが意志力に与える影響とは

続きを見る

というわけで、今回はここまでです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考にさせていただいた本

※無料ニュースレターを発信中:僕は持病を抱えつつも、13歳でブログで月収5万円を達成しました。その状況で得た「健康×ビジネス」の知識をニュースレターで共有していきます。無料登録はこちら。いつでも解約できます。

-ライフ
-