PR 中学生

「中学校なんてくだらない!」←これはチャンスである話【うつ対策】

自分は中学生だけど、人間関係がまったく楽しくない。中学校ってくだらないよなぁ…。何をしても楽しくないし、うつなのかな?

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • 「中学校なんてくだらない」←これはチャンスである話
  • 中学校を休んでみて、気づいたこと【未来の方針】

この記事を書いている僕は、現在14歳です。小学生のときから自分の生き方に疑問があり、中学2年生から病気で休学しています。しかし、今はネットビジネスで月収5桁を達成しました。

先日に下記のツイートをしました。

「学校なんて、くだらない」と感じているなら、「くだらくない生き方」を深堀りしていくべき。
「自分」よりも「周りの空気」を優先する人が多いですが、「自分」に合わせた生き方が幸せ。
学校がシンドかったら、他にも生き方はありますよ。

今回は、上記のツイートについて解説しつつ、「中学校なんてくだらない!」という意見を深堀りします。この記事で、自分が楽しめる生き方を見つけられますよ。

「中学校なんてくだらない」←これはチャンスである話

「中学校なんてくだらない」←これはチャンスである話

「中学校なんてくだらない」と感じるなら、わりとチャンスかもです。

中学生は、合理的な判断ができない

ふつうの中学生は、脳の「前頭前野」が育ってないので合理的な思考ができないんですよね。

しかし、それを客観的に「周りのやってることがくだらない」と感じるなら、それは突出した視点を持っている証拠です。

「くだらなくないこと」を探すべし

  • 中学校→くだらない
  • くだらなくない→(あなたなりの生き方)

こんな感じ。
くだらなくない生き方には、個人差がありますよね。僕の場合はブログでした。

中学校がくだらないなら、あなたなりの「くだらなくないこと」を探しましょう。それが、「自分の生き方」になります。

周りに合わせて生きても、心が混乱するだけ

もし「中学校はくだらない」と感じつつ周りの空気に合わせているなら、いますぐやめるべきです。
僕は大人しいけど、中学校の元気な空気に合わせて生きていました。

  • 中学校がうるさい感じだったので、自分もさわぐ
  • わりと楽しいけど、学校から帰ると頭痛がする
  • 最終的に、自律神経が崩れて病気になり、休学

上記のとおり。当てはまる人も多いですよね。
キャラを偽る人ほど、ストレスや病気に悩まされます。

そして大半の人は、「素のキャラだと、嫌われるかも…」と思いますが、大丈夫です。
周りの人は、あなたのことを気にしていませんからね。

周りに合わせずに、中学校に行くだけです。

僕は、休学になってよかった

今となっては言えることですが、、、僕は休学になってよかったと思ってます。

というのも、毎日頭痛がするし、メンタルも病みつつあったので、すべてヤバかったんですよね。

とはいえ学校に行くことはできたので、頑張れば持ちこたえることもできました。
しかし病気が診断され、すべてリセットされたことで、僕は回復できました。

もちろん当時は、成績の心配もありました。
でも、今となっては「良かったな…」と思っています。

そして病気だった僕も、徐々に回復しました。
期間としては、だいたい3ヶ月くらいですかね。

病んでいると、回復までに、これくらいかかります。

「うつ病かも…」というときの対処法

そもそも、中学校が辛いなら「頑張る」という行動はしてはいけません。
なので、まずはゆっくり休みましょう。

さびたオノで木こりを続けても、木は切れません。まず、オノを磨くとこからです。

病気になったときの僕も、何もできなくなった自分に、大きなショックを受けました。

マジで、毎日ずっと寝込んでいたので。

鬱っぽかったら、「リセット」をしよう

僕は、徹底的にサボっていたおかげで、重い病気にならずに済んだのかもです。
なので、中学校がシンドいなら、いったんは「リセット」するといいですよ。

リセットしたときは、気持ちとして、「これからどうしよう…」という気持ちになりますが、人生は長いし、数ヶ月くらい休んだだけでは、人生は詰みません。焦らなくてOK。

もし中学校が辛いなら、学校を休んでみるのもあり。もしくは、マジでやばければ、医者も検討してください。

中学校を休んでみて、気づいたこと【未来の方針】

中学校を休んでみて、気づいたこと【未来の方針】

中学校を休んでみて、気づいたことがありました。

上記のとおり。
当たり前かもですが、「周り優先」の生活から開放されますよ。

休む時間があれば、自分の軸がわかる

「中学校がくだらない」と感じたら、まずは休みましょう。

  • 中学校→元気な雰囲気→自分もはしゃぐ
  • 休学中→心が楽しい方に向かう→自分の軸で生きる

あなたは、どちらがいいですか?
多分、後者のほうが縛りがないと思います。

そして、こういった選択肢から2つの生き方に分かれるはず。

  • 周りに合わせて生きる→周りから本音を理解されない。病んでくる…。
  • 自分の軸で生きる→自分が楽しんで生きる方法がわかる。楽しく生きる。

こういったイメージです。

僕の場合は、自分の軸で生きて「ブログ」を発信する生き方を見つけました。ある意味で、「周りと距離を置くことで、心のバランスを取る」とも言えますね。

中学校を休むことで、新しい挑戦ができる

中学校がくだらないのであれば、「くだらなくない生活」があるはず。そして、「くだらなくない生活」には、挑戦が必要です。

僕は、中学校を休むことで、「ブログ」という生き方に挑戦できました。そして、「くだらなくない生活」を実現できたと思います。

ちなみにブログ発信は、1ヶ月くらい「毎日投稿」をしており、今までの合計では約150記事くらい書いています。

なんというか、「それって、辛くないの?」と思われるかもですが、中学校に「毎日登校」する方が辛いですよ。

もちろん、世の中には厳しい意見もあります。
しかし僕は、「失敗してでも、挑戦はすべき」という考えなので、病気になるくらいなら、「中学校を休んで、自分の軸で挑戦する」ほうがいいなぁ、と。

こういった背景から、結論として、「中学校がくだらないなら、休学して挑戦しよう」と考えてます。

周りの人を「判断」しても意味はない

中学校には、下記のような序列があります。

  • 中学校に行っている&成績が高い→優秀な人
  • 中学校に行っている&成績が平均→普通
  • 中学校に行ってない&成績が高い→謎の人
  • 中学校に行ってない&成績が低い→ダメな人

こんな感じだと思いますが、ぶっちゃけ「こういった判断って、無意味だよな」と思うんですよね。

中学校だと、基本的に「成績で評価が決まる」みたいな感じですが、とはいえテストも一種の競争でしかないじゃないですか。

というわけで、僕は「優等生だから偉い」とかも、謎の価値観だと思っています。
人それぞれ個性はあるので、数字だけで人を測るのはよくないですよね。

なので、中学校では、周りの人を「判断」しても無意味だな、と思います。

他人より、自分に合わせて生きていこう

というわけで、今回はこれくらいにします。

最後に1つ、「他人より、自分に合わせて生きていこう」ということを書きます。
「中学校がくだらない」と感じたら、「くだらくない生き方」をするべきです。

例えばキメラゴンさんとかも、不登校の中学生で「月収1,170万円稼ぐ時代」ですよ。

キメラゴンさんからしたら、「周りに合わせる」なんて考えは無縁だと思います。
毎日が充実していて、かなりの収入が入ってきて、そして信頼できる仲間といきている、という感じです。

成績を高めるのもいいですが、「中学校がくだらない」と感じるなら、まずはゆっくり休むべきです。

思い切って、休学してみる。
そして新しい挑戦を始めて、自分の生き方を見つけられます。

僕の場合はブログで月収5桁を達成できました。
何か挑戦したいなら、スキルが育つものがオススメ。

僕も定期的に、「新しい挑戦」を行っています。

参考:【現役中学生が解説】中学生がブログで稼ぐ5つの手順【月収5桁達成】

というわけで、今回は以上です。
読んでいただき、ありがとうございます。

※無料ニュースレターを発信中:僕は持病を抱えつつも、13歳でブログで月収5万円を達成しました。その状況で得た「健康×ビジネス」の知識をニュースレターで共有していきます。無料登録はこちら。いつでも解約できます。

-中学生