NFTゲーム

【詐欺】「NFTゲームって怪しいよね」←これが正しい本当の理由

NFTゲームなら遊んで稼げるとか聞いたけど、めっちゃ怪しいじゃん…。1日で1,000円とか稼いでいる人がいるって聞いたけど、ほんとにできるの?興味あるけど、始めようか迷うな…。

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • 「NFTゲームって怪しいよね」←これが正しい理由
  • 今すぐに「怪しいNFTゲーム」で稼いでみよう

この記事を書いている僕は、3年ほど前から仮想通貨を触っています。現在は中学2年生ですが、NFTゲームについてはそれなりに知識があると思うので、ぜひ読んでいただきたいです。

世間では怪しいと思われているNFTゲームですが、稼いでいる人がいるのも事実。

そこで今回は、「NFTゲームは怪しいの?」という疑問に答えていきます。
なお、結論としては「NFTゲーム=詐欺ではない」ことがわかるので、ぜひ最後までお付き合いください。

「NFTゲームって怪しいよね」←これが正しい理由

「NFTゲームって怪しいよね」←これが正しい理由

「NFTゲームって怪しいよね」という意見は、わりと正しかったりします。

「NFTゲームが怪しい」と言われる理由

それは、詐欺っぽいNFTゲームが多いからです。

初心者がNFTゲームを始める→失敗する→文句を言う→NFTゲームが怪しいという考えが広まる

こういった感じです。

NFTゲームは1つの「投資」みたいなもので、損することもあります。なので、初心者がNFTゲームを始めて損をすると、「NFTゲームは怪しいんだ!」と考えてしまうわけです。

そもそも、「ゲームを遊ぶだけで稼げる」という誘い文句が、怪しいですよね。だからこそ、「NFTゲームは怪しい」という考えは正しいです。

しかし、重要なのはここではありません。
怪しまれるもう1つの理由は、NFTゲームの構造にあります。

基本、NFTゲームはポンジスキームです

NFTゲームが怪しい理由のもう1つに、「NFTゲームの構造」にあります。
基本、NFTゲームはポンジスキームなんですよね。

ポンジスキームとは、下記のような感じ。

「この商品に投資すれば、月間10%の利回りが出ますよ。あなたが100万円を出せば月10万円の不労働所得が発生します。」

上記のようなものが、ポンジスキームになります。

このような詐欺が成立するのは、Aさんが100万円出して、そのうち10万円が引き出されるから。つまり、自分のお金が返ってきているだけです。

そして、NFTゲームの構造は「ポンジスキーム」に似ています。なので、詐欺と近いような形になってしまってるわけですね。

それでも、NFTゲームは詐欺ではない話

ここまで読むと「それじゃあ、NFTゲームは詐欺なの?」という疑問が浮かびますよね。
しかし、それは間違いです。

なぜなら、世界の大企業がNFTゲームに出資しているからです。

CoinPost
引用:CoinPost

上記は、ソフトバンクがSorareというNFTゲームに出資していますよね。
他にも、NFTゲームが資金を調達するニュースはたくさんありますよ。

もしNFTゲームが詐欺だったら、こんな大企業から出資を受けられないはず。それでも大企業がNFTゲームに出資するのは、「将来性」や「信頼性」があるから。

なので、NFTゲームは怪しいかもしれませんが、「NFTゲームが詐欺だ!」という考えは間違いです。実際に、NFTゲームへの投資で稼いでいる人もいますからね。

「怪しい」という言葉は思考停止してる

「怪しい」という言葉は思考停止です。

「〇〇は怪しいから、手を出さない」

個人の自由ですが、NFTゲームについては、ちゃんと調べれば仕組みがわかるはず。また、大企業から出資を受けていることから、まったく怪しいビジネスではありません。

NFTゲームについて調べるとわかりますが、たくさんのチャンスに溢れています。なので、「NFTゲームは怪しいから手を出さない」は大きな機会損失ですよ。

今すぐに「怪しいNFTゲーム」で稼いでみよう

今すぐに「怪しいNFTゲーム」で稼いでみよう

僕の周りにはNFTゲームで稼いでいる人が多いですが、別になにも怪しくないですよ。ふつうにプレイしながら、「どうすると強くなるかな」と考えています。

というわけで、「NFTゲーム=怪しい=何もしない」という思考停止をやめて、まずは挑戦してみてはどうでしょうか?

NFTゲームの始め方で【初心者OK】NFTゲームの始め方【簡単な3ステップで完全解説】で解説していまうす。NFTゲームで稼ぎたいと思う方は、ぜひご覧ください。

それでもNFTゲームを始める気になれない人のために、もう少し「NFTゲームが稼げる理由」を語っていきます。

「怪しい」という言葉はチャンスです

NFTゲームが「怪しい」と言われているのは間違いないのですが、しかし「怪しい」という言葉にはチャンスが溢れています。

思い出してほしいのですが、SNSや仮想通貨が流行る前は何と言われていましたか?

  • スマホ:iPhoneは、注目されていなかった
  • SNS:Facebookは、流行らないと言われた
  • 仮想通貨:ビットコインは、詐欺だと言われた

こういった感じですが、現代ではどうでしょう。

  • 気になることがある→スマホで調べる
  • 流行りの店に行く→匿名でつぶやく
  • 店で買い物をする→仮想通貨で買う(これは、たぶん数年後)

おそらく、あなたも経験があるはず。

つまり、世間から「怪しい」とか反発されているなら、そこにチャンスがあるんですよね。NFTゲームも、その1つ。誰かが「稼げないでしょ」といっているときに、先行者は稼いでいます。

あなたが怪しむ時、先行者は稼いでる

下記のツイートをご覧ください。

あなたがNFTゲームを始めようか迷っているときに、稼いでいる人はたくさんいます。NFTゲームは「速く始めた人が稼げる」という仕組みなので、稼ぎたいならすぐ始めるべき。

もしかすると、「今さらNFTゲームは遅いんじゃない?」と思うかもですが、そんなことはない。NFTゲームは、まだ発展途上です。

NFTゲームの中には「1,000円で始められるゲーム」もあります。もしNFTゲームで稼ぎたいなら、今すぐに始めましょう。

【注意点】NFTゲームは、投資と同じ

いろいろNFTゲームについて語りましたが、もちろん注意点もあります。それは、「NFTゲームは投資と同じ」ということ。

なぜなら、NFTゲームは初期費用がかかるから。その初期費用を回収できるかどうかで、稼げるかが決まります。

例えば、STEPNには3万円ほどの初期費用がかかりますが、1ヶ月もすれば1万円以上は稼げる。しかし、もしSTEPNの報酬である「GMT」の価格が暴落したら、初期費用を回収できずに損をします。

  • 初期費用が安いNFTゲーム→ローリスク・ローリターン
  • 初期費用が高いNFTゲーム→ハイリスク・ハイリターン

上記のようなイメージ。

このように、NFTゲームは投資と同じ。なので、まずはリスクが少ない「初期費用が安いNFTゲーム」を始めて、少しずつ課金額を上げていくのがオススメですよ。

NFTゲームを始めるべき時は「今」です

NFTゲームを始めるべきタイミングはいつか?
その答えは「今」です。

なぜなら、NFT業界も、ゲーム業界も、これから確実に伸びていくから。

ゲーム産業の進化

ゲーム業界
引用:NFT and Gaming

これがゲーム産業の進化です。ビビるくらい伸びていますよね。

上記を見る限り、「NFTゲーマー」という職業が一般的になるのも、そう遠くなさそうです。実際に、フィリピンではNFTゲームで生計を立てる人が増えていますからね。

なので、NFTゲームを始めるのであれば常に最速の「今」がベストです。最初は失敗するかもしれませんが、今のうちにNFTゲームに触れておけば、必ず「先行者」の立場をゲットできます。

この記事を読んでも99%の人は行動できないと思いますが、まずは1,000円からでいいので始めてみましょう。費用はあとで何倍にもして回収できるはずですよ。

なお、NFTゲームの始め方については【初心者OK】NFTゲームの始め方【簡単な3ステップで完全解説】をどうぞ。あなたが行動できる上位1%の人であることを願っています。

-NFTゲーム