PR NFTアート

「NFTアート=無価値」が間違いな3つの理由【99%は無価値になる話】

ぶっちゃけ、NFTアートって無価値だよね?唯一無二って言われているけど、右クリックでコピーできるし、そんなに上手じゃない絵が高額で取引されてるのが謎だな…。

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • 「NFTアート=無価値」が間違いな3つの理由
  • でも、NFTアートの99%は無価値になります

この記事を書いている僕は、CNP StudentsやIsekai BattleなどのNFTアートを所有しており、価値は数倍になっています。

NFTアートは数億円の価値がつくものがありますが、もしかしたら「なんでただのアートに価値がつくの?」と思うかも知れませんね。

そこで今回は、NFTアートが無価値じゃない理由を解説します。
この記事を読めば、NFTアートについて理解を深められますよ。

「NFTアート=無価値」が間違いな3つの理由

「NFTアート=無価値」が間違いな3つの理由

「NFTアート=無価値」と言う人もいますが、実際はNFTアートには価値がついていますよね。
NFTアートに価値がついている理由は、次の3つです。

  • 理由①:所有権の証明ができるから
  • 理由②:ユーティリティがあるから
  • 理由③:所属の欲求を満たせるから

理由①:所有権の証明ができるから

NFTアートはブロックチェーンという技術が使われているので、所有権が証明されます。
つまり、NFTアートが本物か偽物かがわかるんですよね。

すると、NFTアートは「ブランド品」のような価値がつきます。

例えば、ルイ・ヴィトンなどのブランド品って「本物」だからこそ価値がつくんですよね。ほとんどの人は、偽物を欲しがらないはず。

それと同じで、NFTアートは本物であることが証明されているので、数億円になったりするわけです。

よくある反論:右クリックでコピーできるじゃん!

よくある反論として、「NFTアートなんて右クリックしたらコピーできる」と言う人がいます。しかし、それは的はずれなんですよね。

というのも、あなたが下記を実行したとして、それは盗難になるでしょうか?

  • 美術館に行って、モナリザを撮影する
  • 帰宅して、モナリザの写真を印刷する
  • 高画質なモナリザの写真を、壁に飾る

上記を実行しても、「モナリザを盗んだ」とはなりませんよね。

なぜなら、コピーした写真は「偽物だ!」と証明できるから。
NFTアートも、ブロックチェーン技術によって偽物を証明できます。

こういった理由で、NFTアートには価値がつくんですよね。
なので、「NFTアート=無価値」という考えは間違いです。

理由②:ユーティリティがあるから

NFTアートには「ユーティリティ」があるので、無価値ではありません。
例えば、次のようなユーティリティがあります。

  • NFTアートが、コミュニティの参加券になる
  • NFTアートが、NFTゲームの参加券になる
  • NFTアートが、メタバースの参加券になる

NFTアートは上記のようなユーティリティがあるので、「ただの画像」ではありません。

僕の場合だと、Isekai BattleというNFTアートを持っており、これは所有者のみがNFTゲームを遊べるようになっています。こういった仕組みがあるから、みんなが購入したくなるんですよね。

また、BAYCというNFTアートは「所有者だけが参加できるコミュニティ」があり、そのコミュニティでは有益な情報が交換されています。そして、BAYCは数千万円で取引されるようになりました。

NFTアートには、こういったユーティリティがあるので無価値ではありません。

理由③:所属の欲求を満たせるから

NFTアートにはいろんな使い道がありますが、わかりやすいのは「所属の欲求」ですね。例えば、あなたが好きなインフルエンサーが下記のようなツイートをしたとします。

「NFTアートを使って、仮想通貨学習コミュニティを作ります。」

好きなインフルエンサーがこういった文章を発信すると、期待感が生まれますよね。
これがつまり、「所属の欲求」ですね。

僕がCNP Studentsを購入した理由

例えば僕はCrypto Ninjaの三次創作である「CNP Students」というNFTアートをTwitterのプロフィール画像にしていますが、これも「所属の欲求」を満たすためです。

NFTアートの世界では「CNP Students=NFTアートの未来を信じる学生」というカテゴリーなので、CNP Studentsのアイコンにすることで、意思表示しています。

これはファッションでも同じですよね。
僕はファッションには詳しくないですが、下記のようなイメージです。

  • 学生服:校則で決まっている→学生であることの意思表示
  • ユニクロ:コスパが良い→生産的な人生を歩む意思表示

上記のように、ファッションは「価値観の意思表示」になりますよね。
これは、NFTアートでも同じです。

NFTアートをTwitterのアイコンにすることで、「どんな価値観を持っている人か」がハッキリわかります。なので、NFTアートは無価値じゃないんですよね。

でも、NFTアートの99%は無価値になります

でも、NFTアートの99%は無価値になります

「NFTアート=無価値」は間違いですが、NFTアートの99%は無価値になります。

結論:NFTアートは誰でも作れるから

なぜなら、NFTアートは誰でも作れるからですね。

例えば、YouTubeチャンネルは誰でも作れますよね。そして、99%のYouTubeチャンネルはほぼ無価値です。NFTアートも、これと同じなんですよね。

誰でも作れることの99%は無価値になります。
そして、NFTアートもいろんな人が作るたびに、無価値の作品が増えていきます。

それは、仮想通貨でも同じ話です。99%の仮想通貨は無価値になりますが、1%の仮想通貨はめっちゃ高額になります。

つまり、NFTアートは誰でも作れるので、そのぶん「無価値の作品」が多くなるんですよね。そして、投資家が稼ぐためには1%の「無価値じゃないNFTアート」を見つけましょう。

NFTアートは、供給過多になっている

NFTアートの99%が無価値になる理由のもう1つとして、「供給過多」という理由があります。
単純に、NFTアートのプロジェクトが多すぎるんですよね。

例えば、いろんな「有名人」「スポーツ」「ブランド」「一般人」がNFTアートのプロジェクトを立ち上げましたよね。大量にNFTアートが生産されています。

しかし、NFTアートの「買い手」は少ないですよね。たくさんの供給量に対して、需要が追いついていません。

だからこそ、NFTアートの99%は無価値になってしまうわけです。「NFTアート=無価値」というわけではありませんが、価値があるNFTアートはかなり少ないです。

インターネットバブル崩壊と比較する

NFTアートは2021年に流行っていましたが、それは「インターネットバブル」と似ています。

2000年のインターネットバブルでもたくさんの企業が生まれて、その99%が「無価値=崩壊」という結果になりました。

しかし、すべての企業が無価値になったわけではありません。

例えば、Amazonの株価に初期から投資していれば2500倍になっていました。こういったバブルの中でも生き残る1%は、とても価値が高くなるんですよね。

NFTアートも同じで99%は無価値ですが、将来的に1%のNFTアートは何千倍にも価値が上がるはず。投資家は、そういったNFTアートを見つけ出しましょう。

価値がある1%のNFTアートを買おう

ということで、今回はここまで。
最後に1つ話があり、それは「価値がある1%のNFTアートを買おう」ということ。

NFTアートの99%は無価値ですが、それは仮想通貨でも株価でも同じこと。
それを理由に「NFTアート=無価値」と言うのは間違っています。

なので、NFTアートは「ただの流行」ではありません。
NFTアートはこれからも存在し続けます。

ということで、NFTアートに挑戦してみましょう。
僕はCNP StudentsというNFTアートを1,000円くらいで買って、数十倍になりましたからね。

なお、NFTアートの始め方については【初心者向け】NFTアートの買い方を解説【5ステップで購入する】をどうぞ。

※無料ニュースレターを発信中:僕は持病を抱えつつも、13歳でブログで月収5万円を達成しました。その状況で得た「健康×ビジネス」の知識をニュースレターで共有していきます。無料登録はこちら。いつでも解約できます。

-NFTアート