PR NFTアート

【無駄】NFTアートがコピーできるのは、偽物です【未来は有望】

NFTアートはコピーできないとか言われるけど、右クリックすれば「コピー」って出てくるじゃん…。NFTアートはコピーできるのに、なんで価値が生まれるの?

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • NFTアートがコピーできるのは、偽物です
  • NFTアートの未来は、間違いなく有望です

この記事を書いている僕は、CNP Studentsを所有している中学2年生です。現在ブログで稼いだ収益は、すべてNFTアートや仮想通貨に使っています。

NFTアートについてググると「コピーできない」と説明されることがありますが、「右クリックでコピーできるじゃん!」と思いますよね。

そこで今回は、NFTアートはコピーできない理由を解説します。
この記事を読めば、NFTアートの仕組みを理解できるようになりますよ。

NFTアートがコピーできるのは、偽物です

NFTアートがコピーできるのは、偽物です

NFTアートを右クリックでコピーできるのは「偽物」だけです。

よくある批判:NFTアートはコピーできる

よくある批判として、NFTアートはコピーできると言われます。
Twitterのリプとかでも、よくありますよね。

例えば、僕は先日にCNP StudentsというNFTアートを3枚ほど購入しました。それが下記ですね。

CNP Students
CNP Students
CNP Students

NFTアートを批判する人は、僕の画像をコピペして、「ほら、あなたのNFTアートをコピーしたよ」と返してきます。しかしこれは、的外れなんですよね。

なぜなら、NFTアートは「ブロックチェーン」が使われており、上記のCNP Studentsが「本物のNFTアート」であると証明できるから

そして、NFTアートを右クリックでコピペしたものは、偽物であると証明できるんですよね。
なので、NFTアートはコピーしても、それは偽物です。

モナリザを撮影しても、盗めないのと同じ

絵画の世界では「モナリザ」が有名ですよね。では、美術館で下記を実行したとします。

  • モナリザをスマホで撮影する
  • プリンターを使って印刷する
  • 壁に飾ってモナリザの盗難完了

上記ってどうでしょうか。これじゃあ、何も盗めていませんよね。
もう1つの例えとして、「偽物のブランド品」を買う人も同じ。

ルイヴィトンのバッグを買うときは、あなたは本物が欲しいですか?それとも、偽物でもOKですか?NFTアートもそれと同じです。

僕が所有している「CNP Students」をコピーしてもOKですが、それはブロックチェーンによって「いや、それは偽物だよ」と証明できるので、それじゃあダサいですよね。

NFTアート=メタバースに現実世界を作る

NFTアートは、普通に「今の現実世界」です。

例えば、僕の目の前には「バッグ」があります。このバッグは毎日愛用しているものです。そして、ある意味で「僕のバッグ」は「NFTアート」だったりします。

なぜなら、僕が使うことで傷がついたりしますよね。これは「独自性が高まる」とも言えますからね。

他にも分かりやすい例だと、例えば「プロ野球選手のボール」ですね。

プロ野球選手がボールを投げたら、そのボールに価値がついたりします。僕が触っただけじゃ価値は生まれませんが、そこにストーリーが重なると、価値になります。

NFTアートが「ただの画像」じゃない理由

もしかしたら「コピーできなくても、結局はただの画像じゃん!」という批判をする人もいるかもしれません。しかし、それは勉強不足です。

なぜなら、NFTアートには「ユーティリティ」があるから。
例えば、下記のような機能があります。

  • NFTアートの所有者だけが入れるコミュニティ
  • NFTアートの所有者だけが遊べるゲーム
  • NFTアートの所有者だけが参加できるライブ

上記のようなユーティリティがあると、「ただの画像」とは違います。
そして、このような機能はすでに導入されています。

例えば、僕が持っているisekai battleというNFTアートを持っていますが、isekai battleのキャラクターを3体持つと、NFTゲームを遊べるという機能があります。

このような「ユーティリティ」があるので、NFTアートはただの画像ではありません。

NFTアートの未来は、間違いなく有望です

NFTアートの未来は間違いなく有望なので、あなたも早めに参入すべき。

海外を見ると、日本の未来がわかる

海外を見ると、日本の未来がわかります。
なぜなら、海外で流行ったことは1〜3年ほど遅れて日本で流行るから。

  • YouTube:昔、海外で流行った→今、日本で流行ってる
  • 仮想通貨:昔、海外で流行った→今、日本で流行ってる
  • メルマガ:今、海外で流行ってる→数年後に日本で流行る
  • 音声配信:今、海外で流行ってる→数年後に日本で流行る

上記のように予測することができます。
投資家やインフルエンサーはこれを見越して「メルマガ」や「音声配信」に参入してます。

そして、海外のNFTアートの取引市場は「500億円」で、ピーク時の10%くらいです。それと比べて、日本はまだ「5億円」です。

つまり、海外のNFTアートは安定期だけど、日本のNFTアートはこれからバズる可能性が高いということ。アニメ・ゲーム文化がある日本は、NFTアートの分野でも強いはず。

そう考えると、これから日本のNFTアートは流行ります。
要するに、投資チャンスですね。

NFTアートは、過去のスマホと同じ

流行っているNFTアートは、15年前の「スマホ」と同じような存在だと思います。
よく「NFTアートはインターネット以来の革命」と言われますが、間違っていないなと。

例えば、15年前にスマホを使ったことない人に「スマホの凄さ」を伝えることはできません。NFTアートも同じで、買ってない人に凄さは伝えられませんよ。

そして、「一般人」と「先行者」には次のような違いがあります。

  • 一般人:スマホって何?すぐに流行りは終わるでしょ。
  • 先行者:スマホは伸びる。将来、当たり前の存在になる。

上記のとおり。
NFTアートも、一般人からは批判されます。しかし、そのときに先行者は稼いでいます。

あなたも「先行者」としてNFTアートを体験してみましょう。

しかし、ほとんどの人は行動しない

結論は、下記のとおり。

上記のとおりで、僕が「NFTアートはチャンスです」と言っても、あなたは動きませんよね。

しかし、NFTアートが当たり前の存在になってから皆さん動きます。
それだと、かなり遅いんですよね。

そして、たぶんですが「NFTアートを始める人は増えるな」と予想しています。
なぜなら、さきほど書いたように海外で流行っているから。

そういった感じで行動してもいいですが、少しでも早いと、さらにチャンスが増えたりします。

とはいえ、NFTアートはまだチャンスばかりです。狙いましょう。

NFTアートに挑戦しつつ、成長しよう

というわけで、今回は以上です。
最後に、こちらのツイートをどうぞ。

上記のとおりで、挑戦と成長はセットです。
僕のNFTアートは、約4万円ほどで買いました。

そして、今では3,000円くらいになっています。
いろいろ挑戦すると、お金は減ります。

しかし、そのお金と引き替えに「新しい体験」ができますよね。
体験をすると、「本当の価値」に気づけます。

例えばNFTアートを買ってみて、それで「あぁ、NFTアートは発売時は盛り上がるけど、すぐ価値が下がるのが多いんだな…」と気づくなど。

このように、未来を予想しつつ、同時に体験をしていきましょう。

というわけで、最後にNFTアートの始め方の記事を貼って終わります。
あなたが行動できる人であることを祈ります。(´∀`)

参考:【初心者向け】NFTアートの買い方を解説【5ステップで購入する】

※無料ニュースレターを発信中:僕は持病を抱えつつも、13歳でブログで月収5万円を達成しました。その状況で得た「健康×ビジネス」の知識をニュースレターで共有していきます。無料登録はこちら。いつでも解約できます。

-NFTアート