PR ブログ

【有名】カスタマイズを自由にしやすいWordPressテーマ5選!【おすすめの選び方】

2021年6月5日

こんな方におすすめ

  • WordPressテーマの選び方がわからない
  • 有名でおすすめのWordPressテーマを知りたい

あなたはどんなWordPressテーマを使っていますか?

これからあなたがどのテーマを利用するかで、サイトのデザインや掲載順位、記事の書き方も大きく変わるでしょう。

しかし、公式テーマだけでも8000個以上あるWordPressテーマの中から1つを選ぶのは難しいですよね。

そんな方のために今回はWordPressテーマの選び方や、有名でカスタマイズが自由にできるWordPressテーマについて5つ紹介します。

きっと、この記事であなたが使うテーマが決まると思いますよ!

WordPressブログテーマの選び方・決め方は?

WordPressブログテーマの選び方・決め方は?

まずは、WordPressテーマの決める時の重要なポイントを5つ紹介します。

テーマの決め方

  • SEO対策
  • デザイン性
  • 使いやすさ
  • 人気度
  • 機能性

テーマを決める時は、上記の5つに注目しましょう!
それでは順番に解説します。

決め方①:SEO対策済みのテーマ

SEOの内部対策や、ページが高速化されているテーマを選びましょう。

有名なテーマであれば、ほとんどSEO対策されていますが、一応テーマを選ぶ時は調べておいてください。

プラグインなどでSEO対策することもできますが、テーマがSEOに最適化されているかも重要です。

決め方②:デザイン性が高いテーマ

デザインは好みが分かれるので、一度テーマのデモサイトやサンプルを確認しましょう。

WordPressテーマの公式サイトからどんな雰囲気なのか見ることができます。

やわらかい感じかカッコいい感じかなどイメージして選ぶといいかもしれませんね。

決め方③:使いやすいテーマ

WordPressテーマが使いづらいと、デザインのカスタマイズや記事の投稿に時間がかかってしまいます。

例えば、記事の編集に時間がかかるテーマや、テーマの管理がしづらいものは避けましょう。

決め方④:人気のテーマ

人気のテーマは情報が多いので、不具合やエラーが起きたときに調べたらすぐに情報が出てきます。

それに、人気なWordPressテーマほど信憑性が高く、実績がある可能性が高いです。

逆に、無名のテーマはリスクが高いので、あえて使う必要はないでしょう。

決め方⑤:機能が豊富なテーマ

機能が多いテーマを選ぶと「プラグインが増えない」「プログラミングが必要ない」などのメリットがあります。

例えば以下のような感じです。

機能が豊富だと…

目次の機能がある➡︎プラグインが必要ない
サイトのカスタマイズ機能が豊富➡︎プログラミングが必要ない

このような、便利な機能や使いたい機能が揃っている自由なテーマを選びましょう。

また、記事の書きやすさも重要です。

ショートコードや、ビジュアルエディタが使いやすいテーマかも確認しておきましょう。

【重要】WordPressの有料テーマと無料テーマの違いは?

【重要】WordPressの有料テーマと無料テーマの違いは?

WordPressテーマには有料と無料がありますが、実際には何が違うのでしょうか。

有料テーマ、無料テーマは主に以下のような違いがあります。

有料テーマ無料テーマ
メリット・機能が豊富
・SEO対策されている
・カスタマイズしやすい
・費用がかからない
デメリット・費用がかかる・HTML,CSSの知識が必要
・機能が少なく性能が低い
こんな人におすすめ・ブログで収益を出したい人
・アフィリエイトしたい人
・趣味でブログをする人
・WEB制作を学びたい人

無料テーマは機能が少なく、HTMLやCSSを使って自分でカスタマイズする必要があります。

収益やアクセスを気にせずに趣味でブログをする方は無料テーマでもいいかもしれませんね!

逆に、有料テーマは機能が豊富なのでデザインも簡単にカスタマイズでき、記事を書くのに集中できます。

また、有料テーマは数万円するものがほとんどですが、「せっかく有料テーマを購入したから頑張ろう!」というやる気にもなりますよね。

なので、ブログで収益やアクセスを出したい方や、記事を書くのに集中したい方におすすめです。

「有料テーマ➡︎収益やアクセスを増やす」「無料テーマ➡︎趣味でブログを書く」のように、自分の目的に合わせて決めるようにしましょう。

おすすめのWordPressテーマ【5つ紹介】

それでは、おすすめのWordPressテーマを5つご紹介します。

自分で選ぶのが不安な方は、次の5つから選べばハズレはないですよ!

それではこの5つを詳しく解説します!

テーマ①:Cocoon【無料】

WordPressテーマ①:Cocoon【無料】
公式:Cocoon
【Cocoon】シンプルな無料テーマ
SEO対策
デザイン性
使いやすさ
人気度
機能性

Cocoon(コクーン)は、SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマです。

無料のテーマを使うなら、とりあえずCocoonを選べば間違いないかなと思います。

デザインのカスタマイズ機能は少ないですが、Cocoonは特に人気なテーマなので、ネットで調べれば簡単に使いこなすことができます。

有料テーマと比べると機能が少なく感じましたが、無料テーマと考えると十分のクオリティです。

個人的にも一番おすすめな無料テーマなので、ぜひ使ってみてください!

\ こちらからダウンロード! /

テーマ②:AFFINGER5【14,800円

WordPressテーマ②:AFFINGER5【14,800円】
公式:AFFINGER5
【AFFINGER5】稼ぐに特化したテーマ
SEO対策
デザイン性
使いやすさ
人気度
機能性

AFFINGER5(アフィンガー5)は、稼ぐに特化した有料の本格WordPressテーマです。

当サイトも「Cocoon➡︎AFFINGER5」と使ってきましたが、テーマをAFFINGER5に変えた時は機能の多さに驚きました。

タグ機能で記事を編集でき、デザインも簡単にカスタマイズできるので、CSSやHTMLの知識がなくても安心して使えます。

さらに、有料テーマの中でも特にSEOに強いので、アフィリエイトで稼ぎたいならAFFINGER5がおすすめです!

値段は14,800円(税込)ですが、効率的に収益が発生することを考えると安いかもしれませんね!



比較!
【比較】稼ぎたいならCocoonよりAFFINGER5がおすすめな理由
【比較】なぜCocoonよりAFFINGER6の方が収益化しやすいの?【移行すべき理由】

続きを見る

【失敗しない】AFFINGER6を購入する3つの手順【アフィンガー6】

続きを見る

テーマ③:THE THOR【16,280円】

WordPressテーマ③:THE THOR【16,280円】
公式:THE THOR
【THE THOR】集客・収益にこだわったテーマ
SEO対策
デザイン性
使いやすさ
人気度
機能性

THE THOR(ザ・トール)は、集客・収益に徹底的にこだわった人気のWordPressテーマです。

THE THORはAMPやPWA対応、サイト表示速度の高速化などの機能があるので、初心者でも簡単にSEOで上位を目指せます。

ただ、THE THORは若いテーマなので不具合やプラグインと互換性がないことがあり、マニュアルもAFFINGER5と比べると不十分な気がします。

ですが、外部ブログカードや目次などの便利な機能が揃っているとても優秀なテーマなのでぜひ購入してみてください!

値段を抑えたい方は16,280円のTHE THORがおすすめです!

\ こちらからダウンロード! /

テーマ④:STORK19【11,000円】

WordPressテーマ④:STORK19【11,000円】
公式:STORK19
【STORK19】究極のモバイルファーストテーマ
SEO対策
デザイン性
使いやすさ
人気度
機能性

STORK19(ストーク19)はシンプルな究極のモバイルファーストテーマです。

複雑な設定が必要ないので初心者でも使いやすく、シンプルで快適なデザインにつくれます。

また、ブロックエディタのGutenbergに対応しているため記事も書きやすいです。

欠点は「カスタマイズ機能が少ない」「デザインに個性が出にくい」などがあり、他のテーマと比べると性能は低いとも言われてます。

ですが、シンプルで直感的に操作でき、値段も11,000円と安いのでブログ初心者にはSTORK19がおすすめです!

アップデートの頻度も高く、機能強化や不具合修正も進んでいるので是非使ってみてください!

\ こちらからダウンロード! /

テーマ⑤:賢威【27,280円】

WordPressテーマ⑤:賢威【27,280円】
公式:賢威
【賢威】SEO業界で実績を持つテーマ
SEO対策
デザイン性
使いやすさ
人気度
機能性

賢威(ケンイ)は、関連本も出版している京都のWebマーケター会社、株式会社ウェブライダーのWordPressテーマです。

SEOのプロに作られたテーマなのでSEO対策に力が入っており、権威には「SEOマニュアル」もあります。

また、JINやSANGOと違って企業が制作したテーマで実績も十分にあり、サポート体制も整っているので安心です。

ブラックエディタのGutenbergにも対応しているので直感的に記事も書くことができます。

ただ、デモサイトを見ればわかりますが、デザインが固い感じがしてしまいます。サイトデザインは好みもあるので、デモサイトは一度目を通しておきましょう。

値段は27,280円と高めですが、SEOに力を入れたい方は賢威がおすすめです!

\ こちらからダウンロード! /

関連本

まとめ【WordPressテーマを選ぶなら早めに】

今回はWordPressの選び方・決め方とおすすめのテーマを5つ紹介しました。

最後に注意点として、WordPressテーマを選ぶのはなるべく早くしましょう。

すでに記事を書いている方は特に、テーマを変更したらサイトのデザインが崩れてしまいます。

もし100記事書いたときにテーマを変更したら、100記事全てのデザインを修正しないといけませんよね。

僕は30記事ほどでしたが、全て修正するのには1ヶ月以上かかりましたね。(ノД`)

そうならないためにも、まだWordPressテーマを決めてない方は、ぜひ今回紹介した5つのテーマから選んでみてください!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!(*^^*)

※無料ニュースレターを発信中:僕は持病を抱えつつも、13歳でブログで月収5万円を達成しました。その状況で得た「健康×ビジネス」の知識をニュースレターで共有していきます。無料登録はこちら。いつでも解約できます。

-ブログ
-