ブログ

【注意】ChatGPTにブログのタイトルを書かせるべきではない3つの理由

「ブログタイトル、ChatGPTに任せても大丈夫かな?」「その方がタイトルがキャッチーになるかも?」、「でも、その結果がどうなるのか心配だ」

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • ChatGPTにブログのタイトルを書かせるべきではない3つの理由
  • ChatGPTに人間らしいブログを書かせる3つの手順

この記事を書いている僕は、中学3年生のブロガーです。現在はChatGPTと共に魅力的なブログ記事を作り出す研究をしてます。

一般的に、人間の創造力はAIには真似できませんよね。それでも、AIにブログタイトルを任せてみたくなる気持ち。

そこで本記事では、ChatGPTにブログのタイトルを書かせるべきではない理由と、ChatGPTを使って人間らしいブログを書く手順・コツを解説します。この記事を読めば、ChatGPTをどう活用すべきかがわかりますよ。

ChatGPTにブログのタイトルを書かせるべきではない3つの理由

ChatGPTにブログのタイトルを書かせるべきではない3つの理由

ChatGPTにブログのタイトルを書かせるべきではない理由は下記の3つ。

  • 理由①:文字数を守ってくれないから
  • 理由②:普通にクオリティが低いから
  • 理由③:自分で書いたほうが早いから

それでは、順番に解説します。

理由①:文字数を守ってくれないから

ChatGPTは文字数を守ってくれないんです。

例えばですが、ブログのタイトルには一般的に32文字が理想的とされています。

AIがブログタイトルを作成するときには、その文字数の制限を考慮してくれません。いくらキャッチーなフレーズでも、文字数が多すぎるとユーザーの注意を引くことができない、というのが一般的な考え方です。

文字数の問題

AIに文字数の指定をしても、その指定をちゃんと理解してくれるとは限りません。たとえば、「タイトルは32文字以内にしてください」と指示しても、AIは32文字ちょうどで止まる保証はないんですよね。

もし指示通りにならなかったら、修正するのは結局あなたの手間になりますよね。その手間を考えると、最初から自分でタイトルを書いた方が効率的です。

あと、ChatGPTは「タイトル=メッセージ」のイメージが弱いところがあります。タイトルは記事のテーマを端的に伝える大切なツールですが、ChatGPTはその重要性を完全に理解していないんですね。

理由②:普通にクオリティが低いから

ChatGPTのブログタイトル作成能力は、一般的にクオリティが低いです。

例えば、次のような感じです。

  • "5つの方法で質問を解決する"
  • "私のアドベンチャー体験"
  • "ビジネスにおける成功への道"

これらのタイトルは、具体性が欠けていると言えます。読者に対して何を提供しているのか、具体的な付加価値が明確でないと、記事を読むモチベーションを生むことが難しいです。これが「普通にクオリティが低い」ということです。

具体性の欠如

そもそも、「5つの方法で質問を解決する」の何が問題かと言えば、あまりにも広すぎるテーマだからです。なんの質問を解決するのか、どのような方法を提供するのか、明確でなければ読者は興味を失います。

私の場合は、「5つの方法でSEOの質問を解決する」のように具体的に書きます。
なので、ChatGPTにタイトルを書かせない方が無難です。

こういった感じで、具体性を追求することも大切です。

質問の明確性

ここも注意すべきポイントです。下記を参照してください。

  • "私のアドベンチャー体験"→具体的なアドベンチャーは何か?
  • "ビジネスにおける成功への道"→具体的なビジネスは何か?

上記のイメージで、どちらも読者に具体的なイメージを与えることが難しいタイトルです。

これが、「具体的でないタイトルはクオリティが低い」ですね。

理由③:自分で書いたほうが早いから

参考までに、僕は自分でタイトルを書くことをおすすめします。
結局、自分で考えた方が早いです。

よくある疑問:AIを使ってタイトルを生成するのは時間がかからないのでは?

時間がかからないという主張は一部正しいですが、そのタイトルが読者を引きつける力があるかどうかは別問題です。

ここに関しては、大抵は修正が必要で、それに時間をかけるくらいなら、初めから自分で書いたほうが早いと感じます。アイデアの出し方を習慣化すれば、頭の中に記事の流れがすぐに浮かぶはずです。

ChatGPTに人間らしいブログを書かせる3つの手順

下記の3つです。

  •  手順①:指示のテンプレートを作る
  •  手順②:記事の構成を作る(15分)
  •  手順③:本文を書かせる(15分)

手順①:指示のテンプレートを作る

ここまで聞くと、もしかしたら「ChatGPTを使う意味がないのでは?」と考えるかもしれません。

しかし、、、それは間違いなんですよね。 なぜなら、正しい使い方をすれば、ChatGPTは非常に有用なツールになります。

指示テンプレートの作り方

テンプレート作成は、全体の流れを明確にする重要なステップです。このテンプレートは、ChatGPTがどのような内容を書くべきか、そのガイドラインとなります。

こういった場合は、具体的な指示を出すことが重要です。なので、ぶっちゃけテンプレート作成に時間をかけることが必要です。

つまり、、、「良質な記事を生成させるためには、指示のテンプレートをきちんと作ること」が重要という結論になります。

手順②:記事の構成を作る(15分)

下記をご覧ください。

  • タイトル
  • イントロダクション
  • メインコンテンツ
  • コンクルージョン

これが一般的なブログ記事の構成です。

「手順①で作ったテンプレートに従って」記事の構成を作ります。それぞれの部分にどのような内容を含めるか、明確にしましょう。

ブログ記事の構成の例

僕の例を、下記に書きます。

  • タイトル:「SEOの質問を解決する5つの方法」
  • イントロダクション:SEOに関する一般的な質問とその解決策についての短い紹介
  • メインコンテンツ:5つの具体的な質問とそれぞれの解答
  • コンクルージョン:質問解決の重要性と、読者が得られる具体的な利益のまとめ

上記のとおりで、この構成を元にChatGPTに記事を書かせます。

こんな感じで、記事の構成を事前に考えておくことが、効率的なブログ作成に繋がるわけです。

手順③:本文を書かせる(15分)

僕はここでChatGPTに具体的な文章を生成させます。

そして、その結果が手順②で作った記事の構成に基づいた内容になるように調整します。

よくある疑問:文章が意図した通りにならない場合は?

その場合、テンプレートを見直すか、またはChatGPTに更なる指示を出す必要があります。
具体的な修正指示を出すことで、より質の高い記事を作成することが可能です。

%僕の手順、非常にシンプルでしょ?%
ここに関しては、繰り返しの経験から最適な手順を見つけることが大切といえるでしょう。

ChatGPTに人間らしいブログを書かせる3つのコツ

ChatGPTに人間らしいブログを書かせる3つのコツ

ChatGPTに人間らしいブログを書かせる3つのコツは、次の3つ。

コツ①:ChatGPT Plusを使う

ここまで聞くと、もしかしたら「無料版のChatGPTでもいいのでは?」と考えるかもしれません。

しかし、それは間違い。 というのも、ChatGPT Plusはより高度な機能と柔軟性を提供するからです。

ChatGPT Plusの利点

ChatGPT Plusは、より高品質な文章を生成するための追加オプションを提供します。これには、文の長さや生成する文章の難易度などを調整する機能が含まれます。

こういった場合は、ChatGPT Plusの利用を検討することを強くおすすめします。なので、ぶっちゃけ投資する価値はありますよ。

要するに、「ChatGPT Plusを使う」ことが良質なブログ記事を作成するコツという結論になります。

コツ②:自分の口癖を教える

下記をご覧ください。

  • 自分の特徴的な表現法
  • よく使う言葉やフレーズ
  • 自分ならではの言い回し

これらは、ブログ記事に個性を出すための重要な要素です。

「ChatGPTに自分の口癖を教える」ことで、記事がよりパーソナライズされ、自分だけのものになるという感じ。

なので、自分の口癖を教えることで、ChatGPTがより自然な文体で書いてくれます。
また、読者にとっても親近感がわくため、より引き込まれることでしょう。

口癖を教える具体的な方法

僕の例を、下記に書きます。

  • 話し言葉のようなライトな文体を好む
  • 独自の比喩を使う
  • 特定の表現を頻繁に使う(例:"そもそも"、"つまり")

上記のとおりで、自分の口癖をChatGPTに教えることで、より人間らしいブログ記事が生まれています。

こんな感じで、自分の口調を再現することが大切です。

これも一つのコツですね。

コツ③:装飾も自動化する

僕はここでChatGPTに記事の装飾も任せています。
つまり、装飾の自動化も大切なコツです。

よくある疑問:具体的にどんな装飾を任せているのか?

具体的には、見出しやリスト、強調などの装飾を任せています。
また、リンクの挿入や引用もChatGPTに任せています。

僕の装飾スタイル、自分で言うのもなんですが、結構いい感じじゃないですか?

ここに関しては、自分の好みやブログのテーマに合わせてカスタマイズすることが大切といえるでしょう。

この記事も、ChatGPTが書いてます

というわけで、今回はここまで。
最後に1つ話があり、それは「この記事も、ChatGPTが書いてます」であるということ。

この記事も、ChatGPTが書いてます

こんな感じです。
あなたもChatGPTの助けを借りて、ブログ記事作成に挑戦すべき。

次に繋がる行動

以上の行動を通じて、あなたもChatGPTの活用方法を体験し、あなた独自のブログ記事を書く体験を得ることができます。あなたのブログ作成がより楽しく、そして効率的になることを願っています。

-ブログ